「あと10分だけ…」「明日でいいか…」とダラダラして、大切なことほどつい先延ばし。「すぐやる人」になるにはどうしたらいいのでしょうか? オリンピック出場選手やトップモデルをはじめ、これまで1万5000人以上の目標実現をサポートしてきたメンタルコーチの大平信孝さんに話を伺います。「やる気がなくても、意志が弱くても大丈夫」というメソッドに注目です。

もうダラダラしない テキパキ動ける人になる方法

先延ばしにしてしまう3つの原因

先延ばしグセを直したい!
すみれさん(仮名)30歳、商品企画

 面倒な仕事ほど先延ばしにしてしまいます。どうすれば「すぐやる人」になれますか?

 先延ばしグセは、いくつか原因が考えられます。あなたはどれに当てはまるでしょうか?

(1)あれもこれも病
(2)完璧主義
(3)やる気が出るのを待っている

 (3)の「やる気待ち」に当てはまる人が多いかもしれませんね。でも、待っていてもやる気は出ません。自分で迎えに行くしかないんです。やる気の出し方については連載第3回「今すぐやる気が出る たった10秒のワンアクション」で詳しく解説しているので、ぜひそちらを読んでみてください。

 (1)は「やることがいっぱいあって、何から手を付けていいのか分からない」と言っているうちに、全部手付かずになってしまうことです。(2)は、完璧に仕上げたいあまり、自分で仕事のハードルを上げすぎてしまって、なかなか手を出せなくなる状態です。

 心当たりはありますか? 今回は、(1)と(2)を解決できるコツをいくつか紹介していきます。