日経doors

鳥貴族大倉社長 どん底創業期があるから今立ち向かえる

長男には普段は仕事に向かう姿勢などについては話していないという。「自分の背中を見たり、インタビュー記事を読んだりすることで伝わればいいなと思っています」
閉じる