「今はそれどころじゃない」と言われて

羽生 2019年に大阪で開催されたG20でも、最初、ジェンダー問題は「Side Event」と呼ばれていました。それが会の途中で「Special Event」という呼称に変更されましたね。

石川 そうなんです。最近聞いた話ですが、学生団体が日本の国会議員の方にジェンダー問題について話したところ、「今は新型コロナウイルス対策で大変なので、それ(ジェンダー問題)どころじゃない」と言われたと嘆いていました。

羽生 何かが起きたり、景気が悪化したりすると「それどころじゃない」と言われますが、好景気になったからといってジェンダーギャップ解消のために投資が行われるかというと、そういうわけではありませんよね。

石川 その点、カナダ首相のジャスティン・トルドー氏は素晴らしいですよね。2018年6月にカナダ・ケベック州で開催されたG7シャルルボワ・サミットで、「ジェンダー平等」を重要テーマに取り上げ、(議長だった)トルドー氏のイニシアチブで、「ジェンダー平等アドバイザリー評議会」を立ち上げました。これらの施策を人気取り目的だと言う人もいますが、ジェンダーというテーマを政治の場で積極的に取り上げたことを、私は大変評価すべきだと思います。

西アフリカのシエラレオネ共和国にて、母子保健センターの助産師さんたちと
西アフリカのシエラレオネ共和国にて、母子保健センターの助産師さんたちと