5月15日(金)に行われた、日経ウーマンエンパワーメントプロジェクト「『ジェンダーギャップ会議』~ジェンダー平等は企業の経営戦略だ~」。プログラムの最後を飾った「女性が活躍する会社ランキング2020発表!~トップ企業の挑戦と先進事例を、メディア編集長らが徹底分析~」のイベントリポートをお届けします。前半「女性が活躍する会社ベスト100」20年版を解説」に続く後半では、1位の日本IBM 代表取締役社長 山口明夫さんが、推進の舞台裏をリアルに明かします。

(1)「女性が活躍する会社ベスト100」20年版を解説
(2)女性活躍企業1位の日本IBM、社長が明かす努力 ←今回はココ

2020年版の女性が活躍する会社ランキングトップの日本IBM。「業績と同じくらいダイバーシティ推進は大事なんだと言い聞かせて、継続してきた」(日本IBM代表取締役社長 山口明夫さん)
2020年版の女性が活躍する会社ランキングトップの日本IBM。「業績と同じくらいダイバーシティ推進は大事なんだと言い聞かせて、継続してきた」(日本IBM代表取締役社長 山口明夫さん)

日経BP 執行役員 高柳正盛(以下、高柳) 「女性が活躍する会社100」のトップは日本IBMでした。なぜ1位に選ばれたと思いますか?

日本IBM 代表取締役社長 山口明夫さん(以下、山口) 1つ言えることは、毎年継続的に、経営層だけでなく現場の若手社員、男性も女性も、みんなで「今、何をしなければならないか」を自由に議論しながら解を求め続けているということです。解決しなければならない課題はたくさん残っているので、やり続けていることが鍵だと思います。

高柳 やり続けるのは重要ですが、実際にはうまくいかない、という企業も少なくありません。続けるこつは?

山口 通常であれば、ダイバーシティ推進は正論。皆でやろうとなる。しかし、いざ、ビジネスの状況が厳しくなったり、経済状況が厳しくなったりすると、それよりも今期の業績のために今、何をするかだ、と。そちらに力が寄っていく。それにどれだけ耐えられるか。ダイバーシティ推進も業績と同じくらい大切なんだと。自分の中で言い聞かせて推進し続けることが必要です。そういう意思、カルチャーが大事かなと思います。