英語をしっかり学びたくても、留学するとなると時間もお金もかかる。ましてや今は、コロナ禍で留学も難しい……とはいえ、家でテキストに取り組む地道な勉強は先が見えずになかなか続かない――そんな英語迷子の人におすすめなのが、今話題の「英語日記」だ! 手軽に始められ、自分が話したい英語を話せるようになる、新しい英語勉強法。講師は、Amazon本総合人気度ランキング1位の大ヒット『英語日記BOY』の著者、デザイナー兼イラストレーターの新井リオさん。読後に、あなたは日記を始めたくなるはず!

日経doorsアカデミー 英語日記BOY新井リオのコスパ最強英語勉強法

 日経doors読者の皆さん、こんにちは。『英語日記BOY』著者で、デザイナー、イラストレーターの新井リオです。

 この連載では、僕自身が5年間実施し、留学せずとも英語が話せるようになった方法、「英語日記」を紹介してきました。これまでの記事では、自分で「英語日記」を書くことで、「いつか自分が言いそうな英語フレーズ」をどんどん蓄積する方法についてお伝えしました。

 今回はさらに進んで、お金をかけて留学をしなくても、日本にいながら、「まるで留学をしているような気分」で、確実に英語力を身に付ける方法について、お話しします。

僕は海外留学をしていません

 僕は以前、「海外留学をしなければ、英語が話せるようにならない」と思い込んでいました。そのため、経済的に余裕のある家庭ではなかった僕は、早々に留学を諦めるしかありませんでした。しかし、次第にこんな疑問を抱くようになります。

 「本当に、年間数百万円という費用を払って留学できる人しか、英語は話せるようにならないのだろうか?」。たぶん、違うと思います。そこで僕は、そもそも自分がなぜ「日本語」を話せるようになったかを考えるところから始めてみました。

 僕が日本語を話せるようになったのは、「お金」があったからではありません。ただ、「環境」が整っていたんです。

 だったら、「日本に英語圏のような環境をつくってしまえばいいのではないか?」と思いました。

 今日は、僕が5年前から実践している「自分の部屋をミニ海外にする方法」を具体的にお伝えしていきます。全部で7つポイントがあり、どれも今すぐにできるものです。