立ち仕事ができるスペースを設置

 使っていなかったテレビをディスプレーとして使い、オフィスとほぼ変わらない作業環境を自宅につくりました。オンライン会議をしながら資料を見たり、メモを取ったりするのにマルチディスプレーはとても便利。最初はディスプレーの高さと椅子の高さが合わず首が痛くなりましたが、オフィスチェアに変えてから快適に作業ができています。

マルチディスプレーで作業効率をアップ。自宅にあったオフィスチェアを作業環境に合わせて調整
マルチディスプレーで作業効率をアップ。自宅にあったオフィスチェアを作業環境に合わせて調整

 弊社オフィスには立ち机があり、煮詰まると一人でそこへ行きホワイトボードで思考を整理したり、立ったり座ったりの切り替えをすることができました。在宅勤務中、同僚とのチャットの中で、「立ち机を家でもやってみたらいい感じ!」「段ボールを置いて立てるようにしてみた」と盛り上がり、私も立って作業できるスペースを部屋の一角に作りました。長時間座って疲れたときや頭をリフレッシュしたいときに活用しています。

新たにつくった立ち作業スペース。「下にヨガマットを敷くと足が疲れにくくおすすめです」
新たにつくった立ち作業スペース。「下にヨガマットを敷くと足が疲れにくくおすすめです」

 Apple Watch は、会議開始時間をアラームで設定したり作業時間を測ったりと、在宅勤務中のタイムマネジメントと健康管理に便利。運動量の不足や勤務中座りっぱなしになっていることをApple Watchからのアラートで確認し、1時間に1回は立って体を動かすようにしています。

時間管理に必須のApple Watch、会議用マイク付きのイヤホン、あると便利な卓上カレンダー。「長時間ディスプレーの使用からくる目の疲れは、PC用メガネで軽減されました」
時間管理に必須のApple Watch、会議用マイク付きのイヤホン、あると便利な卓上カレンダー。「長時間ディスプレーの使用からくる目の疲れは、PC用メガネで軽減されました」