2020年1月28日(火)の夜、「女性読者限定 日経doors読者オフ会~第3弾~」を開催しました。テーマは、「面談・評価、どうしてる? 『社内セルフブランディング(社内自己PR)術』」。doors世代の講師2人を招き、グループワークも実施。講師は日経xwomanアンバサダーのH&Sconsulting代表でキャリアアップコーチの小林舞依さん、MYコンパス社長でキャリアコンサルタントの岩橋ひかりさんです。

周りの社員に応援される存在になるには

キャリアアップコーチの小林舞依さんの話を基にディスカッションする参加者の皆さん
キャリアアップコーチの小林舞依さんの話を基にディスカッションする参加者の皆さん

 イベント当日は冷たい雨が降っているにもかかわらず、約20人の読者の皆さんが会場に集まり、「社内の人事評価面談で上司と何をどう話したらいい?」「評価シートでどうアピールしたらいいの?」といった、普段はなかなか相談しにくい内容をざっくばらんに話し合いました。

 最初は、登壇者によるトークセッションが行われ、キャリアアップコーチの小林舞依さんが、自身のキャリアのポイントについて話しました。

 小林さんは高校卒業後、アイリスオーヤマに一般職として入社。その後、総合職へキャリアアップ。23歳で上京を決意して転職。複数の会社を経て、33歳で独立し、今に至ります。

 会社員時代は「会社から評価されたい。給料がいっぱい欲しい!」というシンプルな目標を持っていた小林さん。それを達成するために「会社の評価制度を詳しく教えてほしい」と上司や人事部に繰り返し質問したそうです。

 「自分が組織の中でどんな役割を果たせばよいのかを上司や周りの皆さんに直接聞き、その期待に応えるように努力しました。その仕事ぶりが徐々に認められ、周りの社員の皆さんが人事に掛け合ってくださり、結果、総合職になることができました。その後は、例えば、中国に一人で出張に行かせてもらったり、商品開発部で全社員の前でプレゼンさせてもらったりと、大学を卒業している社員の皆さんと同じ仕事を任されるようになりました」(小林さん)

 小林さんが、会場で「会社から評価されたいと思っている人は手を挙げてください」と呼びかけると、参加者の半数以上が手を挙げました。「では、なぜ自分は社内で評価されたいのか? 評価されることで何を得たいのか? まずは、その2つを明確にしてほしいです。そうすれば、次に自分が何をすべきかが見えてくるはずです」(小林さん)

 最後に小林さんが教えてくれたのは、「自分が実践して有効だった社内コミュニケーションのコツ」。ちょっとしたお菓子にメッセージを書いた付箋を付けて上司や周りの社員に渡していたのだそう。例えば、上司が出張から帰ってきたときに、小袋に入ったお菓子に「出張、お疲れさまです。小林より」と書いた付箋を貼り、デスクに持って行って渡したり、お世話になった先輩に「いつもフォローありがとうございます! 小林より」と書いて渡したり。

 その話を聞いて、会場からは「えー! すごい!」という歓声が上がり、もう一人の登壇者であるMYコンパス社長の岩橋ひかりさんからは「私が同僚だったら引くかも~(苦笑)」という鋭い突っ込みも。

Powered by リゾーム