誌面ビューワーのメンテナンスのお知らせ(12/13)

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 私が決断したとき
  4. 米国起業、130万人の独身マイノリティー利用のアプリ
私が決断したとき

米国起業、130万人の独身マイノリティー利用のアプリ

(下)時岡真理子 ニューヨークを拠点に活動する社会起業家、ライブ配信型マッチングアプリを展開

社会や経済が不安定な今、「自分で決めて行動していく力」は人生において必須のスキル。とはいえ、人生の岐路に立ったときに、何を軸にして決断すればいいのか…。そこでこの連載では、各分野で活躍している人たちに「人生を左右した決断」をインタビュー。今回は、米国でライブ配信型マッチングアプリ「EME hive」を展開している起業家、時岡真理子さんの決断に迫ります。

(上)米国で婚活&ライブ配信アプリを展開 原点はあのドラマ
(下)米国起業、130万人の独身マイノリティー利用のアプリ ←今回はここ

1979年生まれ、兵庫県出身。高校卒業後、米国の大学に進学。卒業後、日本オラクルに入社し、30歳のときに英国へ留学。オックスフォード大学でMBAを取得後、ロンドンで教育系モバイルeラーニングアプリ「Quipper」の立ち上げに参画。2013年に米国でマッチングサービス「East Meet East」(現、EME hive)をスタートさせる。2019年に、ソフトウエアの開発や販売を手掛けるアステリアの社外取締役に就任
1979年生まれ、兵庫県出身。高校卒業後、米国の大学に進学。卒業後、日本オラクルに入社し、30歳のときに英国へ留学。オックスフォード大学でMBAを取得後、ロンドンで教育系モバイルeラーニングアプリ「Quipper」の立ち上げに参画。2013年に米国でマッチングサービス「East Meet East」(現、EME hive)をスタートさせる。2019年に、ソフトウエアの開発や販売を手掛けるアステリアの社外取締役に就任

起業家としてのスタート、DeNA創業者との共同創業

 2013年に米国でアジア人向けのマッチングサービス「East Meet East」を立ち上げ、現在はアジア人だけでなく、ラテン系や黒人、LGBTQ+なども対象としたマイノリティー向けのライブ配信型マッチングアプリ「EME hive」へと事業を拡大している、起業家の時岡真理子さん。

 彼女は高校卒業後に米国の大学に進学し、卒業後、外資系IT企業の営業職として活躍するも、キャリアの方向転換を図るためにMBA取得を決意し、30歳のときに英国のオックスフォード大学に留学。MBAを取得した後も英国に残り、DeNA創業者の一人である渡辺雅之さんと、2010年に教育系モバイルeラーニングアプリ「Quipper」を共同創業した。

 この共同創業のきっかけをつくってくれたのが、知識やスキル、経験などを売り買いできるウェブサービス「ココナラ」を日本で創業した、南章行さんだったという。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります