1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 私が決断したとき
  4. 前田有紀 5年の葛藤を経てアナウンサーから花の道へ
私が決断したとき

前田有紀 5年の葛藤を経てアナウンサーから花の道へ

自分を見つめた5年間、たどり着いたのは自然と触れ合った原体験

社会や経済が不安定な今、「自分で決めて行動していく力」は人生において必須のスキル。とはいえ、人生の岐路に立ったときに、何を軸にして決断すればいいのか…。そこでこの連載では、各分野で活躍している人たちに、「人生を左右した決断」についてインタビュー。今回は、7月下旬に第2子となる男児を出産した、前田有紀さん(39)が登場。テレビ朝日のアナウンサーとして10年間活躍した後に、フラワーアーティストに転身した彼女の「決断」に迫ります。

(上)前田有紀 5年の葛藤を経てアナウンサーから花の道へ ←今回はここ
(下)前田有紀 決断軸は好奇心、人生の主導権を取り戻した今

大学卒業後、2003年にテレビ朝日へ入社。2013年に退社後、半年間イギリスへ留学。イギリスで見習いガーデナーとして働いた後、都内のフラワーショップで3年間の修業を積む。その後、フラワーアーティストとして独立し、2018年に起業。「花とあなたが出会う場所」をコンセプトにしたフラワーブランド「gui」(グイ)を立ち上げる
大学卒業後、2003年にテレビ朝日へ入社。2013年に退社後、半年間イギリスへ留学。イギリスで見習いガーデナーとして働いた後、都内のフラワーショップで3年間の修業を積む。その後、フラワーアーティストとして独立し、2018年に起業。「花とあなたが出会う場所」をコンセプトにしたフラワーブランド「gui」(グイ)を立ち上げる

花や緑に関わる仕事に就くため、テレビ局を退社

 「アナウンサーの仕事に不満があったわけではありません。ただ、『一生やっていきたい仕事なのか』と自らに問うと、イエスと即答できない自分がいたんです」

 大学卒業後、2003年にテレビ朝日へ入社。スポーツ番組やバラエティー、ニュース番組などを担当し、アナウンサーとしてのキャリアを10年築いていた前田さん。はた目から見ると、順風満帆な人生を送っているかのように見えた彼女は、2013年、32歳のときにテレビ局を退社した。フリーアナウンサーになるためではない。大好きな花や緑に関わる仕事に就くために下した決断だった。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります