1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 私が決断したとき
  4. 不器用さで射止めた『カメ止め』AD役、憧れを現実に
私が決断したとき

不器用さで射止めた『カメ止め』AD役、憧れを現実に

(上)合田純奈 憧れに蓋をした学生時代、人生の転機となった留学時の「怒り」

この連載では、各分野で活躍している人たちに「人生を左右した決断」についてインタビュー。今回は、2018年に大ヒットを記録した映画『カメラを止めるな!』に出演し、新聞記者から俳優の道に進んだ合田純奈さん(27歳)の「決断」に迫ります。

(上)不器用さで射止めた『カメ止め』AD役、憧れを現実に ←今回はここ
(下)カメ止め出演後に新聞社就職するも退職 選んだ俳優の道

合田純奈(ごうだ・あやな)
合田純奈(ごうだ・あやな)
1994年生まれ、大阪府出身。同志社大学在学中に、アイルランドに1年間留学。帰国後にオーディションを受け、口コミによる大ヒットを記録した映画『カメラを止めるな!』に出演。同作品ではお団子頭の新米AD役を務める。大学卒業後は新聞社に入社し、約2年間、九州で新聞記者として活躍。その後、2020年1月に退職して上京。俳優へと転身

新聞記者を辞め、俳優の道へ

 「目立ちたいけれど、恥ずかしい。挑戦したいけれど、怖い。昔から、相反する気持ちや矛盾を抱えながら生きてきました」

 そう語るのは、新聞記者を辞めて俳優の道に進むことを決めた合田純奈さん。彼女は2018年に公開され、興行収入30億円を突破した大ヒット映画『カメラを止めるな!』にAD役として出演し、注目を集めた。

 合田さんは、幼い頃から俳優の仕事に憧れを抱いていたが、「他人の目」を気にするタイプだったため、「憧れ」を「現実」にすると決断するまでには、さまざまな葛藤を経験したという。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります