1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 私が決断したとき
  4. 遠藤舞 人生最大の決断はノリ、見切り発車でアイドルに
  5. 5ページ目
私が決断したとき

遠藤舞 人生最大の決断はノリ、見切り発車でアイドルに

アイドルを目指したことがなかった女子高生が、気迫のなさでアイドリング!!!のオーディションに合格

アイドルは25歳で定年? 「同じ場所にいつまでもとどまれない」

遠藤 年齢が一番大きな理由ですね。私が活動していたときは、暗黙の了解として「アイドルは25歳で定年」という雰囲気がありました。今は状況が違うと思いますが、当時は25歳以上でグループに在籍している人はあまりいなかったので、もともと25歳で卒業することを念頭に置いて活動していたんです。

―― 「25歳を過ぎてもアイドルを続けたい」という気持ちはありましたか?

遠藤 全くなかったです。逆に「先細っていく前に、次の一手を考えておきたい」と思いました。だから20歳くらいから、漠然と卒業については考えていたんです。

―― 20歳……。グループとして活動している初期の頃から考えていたんですね。

遠藤 そうですね。当事者として、「アイドルとして活動できる状態がいつまでも続くわけではない」という危機感があったので、「この職業を何歳まで続けられるのか」「人気が下降するのはいつごろか」ということを、常に意識していました。

 私の場合は21歳でグループのリーダーかつ最年長になり、13~14歳の女の子が新規加入してくる経験もしていたので、グループの新陳代謝を考えると、「いつまでも同じ場所にとどまれない」という気持ちがあったんです。

―― そして実際に25歳でグループを卒業したわけですが、卒業後、ソロ歌手としての活動は充実していましたか?

遠藤 いえ、それが全く……。ソロとして約3年半活動していたのですが、27歳くらいのときは人生で一番仕事がない時期を過ごしていました(笑)。

―― そうなんですね(笑)。では下編では、ソロ歌手からボイストレーナーに転身するまでの話を聞かせてください。

下編「遠藤舞 仕事なく自堕落生活経てボイストレーナーに転身」では、次のストーリーを展開

■アイドリング!!!卒業後はソロ歌手に
■仕事がなかった時期は家で○○をしていた
■芸能活動中に始めたアルバイトで悟ったこと
■ソロ歌手からボイストレーナーへ転身した理由は?
■ボイストレーナーとして、常に学びは必須
■人生はゲームのようなもの? その真意とは
■順風満帆なだけではない、日々ぶつかる壁も

取材・文/青野梢(日経xwoman doors) 写真/稲垣純也

遠藤舞
遠藤舞 1988年生まれ、東京都出身。2006年からアイドルグループ・アイドリング!!!のメンバーとして活動し、リーダーを務める。グループ卒業後、2014年からソロ活動開始。2017年に芸能界を引退し、ボイストレーナーに転身。2021年9月に、アイドルのトレンドやファンの行動・心理などを調査・分析するマーケティング機関「インディーズアイドル研究所」を設立。著書に『若いカワイイからの卒業』(リットーミュージック)がある。Twitter
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります