1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 私が決断したとき
  4. 元グラビアアイドル杉原杏璃 株投資5年で1000万円
  5. 4ページ目
私が決断したとき

元グラビアアイドル杉原杏璃 株投資5年で1000万円

生活費を稼ぐため、アルバイトの代わりに23歳で株をスタート

保有していた株が紙切れになったことも

―― 株式投資を始めてから5年で1000万円の利益を生み出したそうですが、何か秘訣はあるのでしょうか?

杉原 投資金額を増やしていくことは意識していました。投資金額を増やせば利益も大きくなるので、株で出た利益は、そのまま株に使っています。最初は30万円からスタートしましたが、それで出た利益も、新たな株を買うために使いました。そしてさらに利益が出たらそれも株に使い……という形で、最初の3年くらいはコツコツ利益を積み上げ、株式投資の経験を積んでからは、芸能活動で稼いだお金も投資に回しました。

 「今月は株で3万円利益が出たから○○を買おう!」となると、お金はあっという間になくなってしまいます。だからお金を何に使うかは大切だと思います。私の場合はお金の使い道を考えた結果、出た利益を株式投資に回し、投資金額を増やしていくことを繰り返していたら、始めてから約5年で1000万円の利益が出せていました。

―― 一方、株式投資にはリスクもあります。これまで大きな失敗を経験したこともありますか?

杉原 最初の頃はこまめに売買していたので、大きな失敗はしていません。でも、2010年に日本航空が会社更生法の適用を申請して事実上の経営破綻となったときには、投資していた株式が文字通り紙切れになったことがありました。

 日本を代表する航空会社なので、当時は経営破綻する前にどこかの会社が救いの手を差し伸べるはずだと考え、株を売らずに粘っていたんです。でも、実際にはそうならず、会社更生法の適用と上場廃止のニュースが流れたときには、すでに手遅れの状態で。あっという間に株価は暴落して、売りたくても売れない状態になり、結果として100万円を超える損失が出ました。

 今考えると、株の取引に慣れてある程度の知識が身に付き、欲が出てきたときの失敗だったと思います。知らず知らずのうちに自信過剰になったり、「自分はうまくやれる人間」だと勘違いしてしまったりするので、慣れてきたときが要注意だと学びました。

―― そうした失敗を経験しても、株式投資を続けてきたのはなぜですか?

杉原 目標があったからですね。最初は生活費を稼ぐためと、周囲の大人たちと政治や経済の話を対等にするためでしたが、ある程度資産が増えてきたら、「30歳までに家族のために地元に家を建てる」という目標を立て、実際にその目標を達成してきました。私は何事も目標を立てるタイプなのですが、「目標を達成するまでやる」「成功するまでやる」というのがモットーです。

 もちろん「目標を達成するまでやる」というのは、大きなもうけに執着して、売るタイミングをずるずる引き延ばしたほうがいいということではありません。株式投資では損をすることもあるので、もうけに執着しすぎずリスク管理を自分ですることは大切です。

 ただ、リスクがあるからこそ、目標をしっかりと考えておかないと何のために株式投資をしているのか分からなくなります。「お金を増やしたい」と思うのは、きっとその先に何かやりたいことがあって、それを実現するためにお金が必要だからですよね。そう考えると、株式投資を続ける上で大切なのは、何のために株式投資をしているのかを見失わないように、自分の目標をしっかりと定めることだと思います。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります