東日本大震災やコロナ禍など、予想もしなかった出来事が次々と起こる時代。そんな時代を生きる私たちに必要なのは、どんな逆境からも立ち直る力「レジリエンス」を鍛えること。そこでこのアカデミーでは、折れない心を鍛えるためのステップを公開。「レジリエンス」の第一人者である久世浩司先生が解説します。

日経doorsアカデミー 立ち直る力 レジリエンスの鍛え方

ストレスフルな出来事に直面して、心が折れそうになった状態から立ち直る力「レジリエンス」。その考え方や実践法を伝授する「レジリエンス講座」第2回のテーマは、レジリエンスを鍛えるためのファーストステップである「底打ち」です。精神的な落ち込みのループを断ち切る方法を、ポジティブサイコロジースクール代表の久世浩司さんに教えてもらいました。

レジリエンスを鍛えるファーストステップ「底打ち」

 レジリエンス講座の第1回「心は折れる前に立て直せる『レジリエンス』が必要なワケ」では、レジリエンスの基本と、レジリエンスを鍛えるための3ステップ「底打ち」「立ち直り」「教訓化」の概要を紹介しました。第2回と第3回では、ファーストステップである「底打ち」の方法について詳しく解説していきます。

レジリエンスを鍛えるステップは、「底打ち」「立ち直り」「教訓化」の3つ。次のページからは、ファーストステップである「底打ち」の方法を解説していきます
レジリエンスを鍛えるステップは、「底打ち」「立ち直り」「教訓化」の3つ。次のページからは、ファーストステップである「底打ち」の方法を解説していきます