ウツワ代表のハヤカワ五味さん、フリーランスのエシカルコーディネーター・エバンズ亜莉沙さん、テーブルクロスの取締役CFO(最高財務責任者)・藤岡清香さんの3人に、キャリアや仕事観について語ってもらう本連載。第2回は、「仕事とプライベートとの両立」について語ってもらいました。

ハヤカワ五味(はやかわ・ごみ)
ウツワ代表取締役社長。1995生まれ、東京出身。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。大学入学直後にワンピースブランド「GOMI HAYAKAWA」、2014年にランジェリーブランド「feast」、17年にワンピースブランド「ダブルチャカ」を立ち上げる。2019年5月に立ち上げた生理用品プロジェクト「illuminate」が話題に。
エバンズ亜莉沙(えばんず・ありさ)
1994年生まれ。フリーランスでイベント運営などのディレクターやエシカルコーディネーターとして活動。学生時代に約5年間米国オレゴン州で暮らしたことをきっかけに、環境や世界の抱える問題への疑問や興味を持つ。帰国後、「フェアトレードコンシェルジュ認証」取得。同時期に、国際NGOにてインターン、通訳としての地球一周を経験し、多様な環境や文化に触れる。現在は「サステイナブル」や「エシカル」というキーワードを軸に、イベントの企画やディレクション、ウェブメディアのディレクターやコーディネーターなどを行う。
藤岡清香(ふじおか・さやか)
テーブルクロス取締役CFO(最高財務責任者)。1児の母。24歳までフリーランスで音楽活動を行う。26歳でITベンチャー企業に経理として入社。その後、経営企画などの業務も担当する。29歳の頃にITベンチャー企業を設立し、取締役CFO(最高財務責任者)就任。商工会議所などで会計セミナーや、赤字企業への会計コンサルティングを担当。35歳で出産に伴い、退任。2018年より現職。
左からハヤカワ五味さん、エバンズ亜莉沙さん、藤岡清香さん

仕事を効果的に進めるには、休みやオフの時間も大切

――「仕事がうまくいくとプライベートが崩壊する」という声をよく耳にするのですが、皆さんはどのようにして仕事とプライベートのバランスを取っていますか?

藤岡 私は子育て中なので、仕事だけでなくプライベートの予定もすべてGoogleカレンダーに入れています。「○時~○時は保育園に連れて行く」「○時~○時は子どもにご飯を食べさせる」というふうに、タスクを細かく分けて優先順位をつけて管理しないと、流されるままになってしまうので。

 夜、子どもを寝かしつけたあとに仕事をすることもありますが、そうなると夫婦で過ごす時間がなくなってしまいます。だから、「夫婦でお酒を飲みながら映画を見る時間」なども確保して、Googleカレンダーに入れています。

エバンズ 私はフリーランスなので、定時に出勤するわけではありません。土日も祝日も関係ないので、ずっと働き続けることもできますが、休むことなく働き続ければ、心と体のバランスが崩れていきます。そうなると、仕事にもプライベートにもよくない影響が出てくるので、私もスケジュールの中にあらかじめ「休み」を入れるようにしています。

 毎日を時間で管理しているというよりは、「そろそろこの辺りで休息が必要だな」という感じで、自分の心と体の様子を見ながら、気持ちをオフにして休める時間を意識的につくっています。

ハヤカワ 私もお二人のように、休みを意識的に入れたりはしています。ただ、仕事とプライベートの境が曖昧なので、「仕事とプライベート」という分け方ではなく、「オン」と「オフ」という感覚です。オンのときの方が進みやすい仕事もあれば、オフのときの方がはかどる仕事もある。だから、オンのときだけが仕事というわけではなく、オフだからプライベートというわけではありません。

「仕事とプライベートの境が曖昧なので、『オン』と『オフ』という感覚ですね」(ハヤカワさん)

 例えば、「いったんアイデアを広げるフェーズにしたいな」と思ったら、オフの期間をまとめて取って、その間に集中して考えるようにします。オフのときにアウトプットしたことが、オンのときに生かされることもあるので、オンとオフは両方大事で、そのメリハリを自分の中でつけるようにしています。

エバンズ オンの時間って、そんなに長くは続かないですよね。オンなのかオフなのか分からない状態が続いてしまうと、ただただ疲れてしまう。

ハヤカワ はい。ずっとオンの状態でいつづけるのは、体力的にも精神的にも厳しいと思います。自分はオンだと思っていても、実際には非効率だったりもしますし。だから、自分に対して「ずっとオンの状態でいられる」という期待はしていないですね。