1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. ヒットメーカーのスゴ腕仕事ワザ
  4. サントリー 2週間で2500万本売れたビール開発秘話
  5. 3ページ目
ヒットメーカーのスゴ腕仕事ワザ

サントリー 2週間で2500万本売れたビール開発秘話

体が気になる人も心の底から楽しんで飲んでほしいと、5年かけて開発

 そんな中、2020年10月に酒税が改正された。ビールの減税によって店頭価格が下がったことで、ビールの売り上げが前年超えを記録。ビールに注目が集まる一方で、コロナ禍に入り、健康に配慮した商品を日常の中で無理なく取り入れていこうという社会のマインドが高まった。酒税改正と健康意識という2つの追い風が吹く中、2021年4月に発売することが決まった。

勝負をかけた「パーフェクトな」ビール

 新商品のネーミングにも、味へのこだわりや商品への本気度が込められている。「サントリーのスタンダードビールの新しい定番となるべく勝負をかけた」というこの商品の名前を決めるため、社内公募も行われた。商品名は、社名を冠した「パーフェクトサントリービール」に決定。このネーミングには、「サントリーが考えるこれからの時代のパーフェクト」という思いが込められているという。

 「第一に、おいしいのは当たり前。そしてこれからの時代には、体のことも気遣えるのが当たり前になってくる。そんな『ビールど真ん中のおいしさ』と、『体のことを気遣いたい』というニーズに応える機能を両立できたという自信から、パーフェクトサントリービールと名付けました」と稲垣さん。パッケージデザインは、機能系ビール類に多いヘルシーなイメージの白色や緑色をあしらったものも検討されたが、「中味の完成度に対してパッケージデザインがライト過ぎる」という意見から、品質や本格感に見合ったビールらしいデザインへと舵を切る。紺と金というカラーリングの堂々としたデザインが採用された。

機能系ビールでありながら、中身のおいしさで勝負! 紺色と金色を基調にした「王道ビール」らしいデザイン
機能系ビールでありながら、中身のおいしさで勝負! 紺色と金色を基調にした「王道ビール」らしいデザイン
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります