1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. ヒットメーカーのスゴ腕仕事ワザ
  4. サントリー 2週間で2500万本売れたビール開発秘話
ヒットメーカーのスゴ腕仕事ワザ

サントリー 2週間で2500万本売れたビール開発秘話

体が気になる人も心の底から楽しんで飲んでほしいと、5年かけて開発

2021年4月に発売された「パーフェクトサントリービール」は、本格派ビールの味わいや飲みごたえと糖質ゼロを実現した新商品だ。食事との組み合わせを気にせず飲めて、満足感も得られるビールとしてヒットしているこの商品は、どのように生まれたのだろうか。パーフェクトサントリービールの商品開発やマーケティングを手掛けるブランドマネージャーの稲垣亜梨沙(33歳)さんに、発売までのストーリーを聞いた。

(上)サントリー 2週間で2500万本売れたビール開発秘話 ←今回はここ
(下)2500万本売れたサントリーのビール 1万人の声拡散

<ヒットを生み出したワケ>1.「我慢せずおいしくビールを飲みたい」ニーズに着目/2.ビールの味わいにこだわり5年間かけて開発/3.本格的なビールの味と糖質ゼロを両立/4.ネーミングとパッケージデザインで伝えた本格感

ビールを飲んでいるときを最高の時間にしたい

 パーフェクトサントリービールは、酒税法上ビールとして定められている量の麦芽を使用しながら、糖質ゼロを実現したビール。スタンダードビールとして王道の味わいであるアルコール度数5.5%で、力強い飲みごたえが特徴だ。機能系ビールの新商品としてはかなりのハイペースといえる発売後2週間で2500万本(350ml缶)を売り上げるヒット商品となった。

 サントリーが糖質ゼロビールの開発を始めたのは5年前。開発への思いについて、サントリービール マーケティング本部で、パーフェクトサントリービールのブランドマネージャーを務める稲垣亜梨沙さんはこう語る。

 「きっかけは、ビールを愛する醸造家の思いから。この商品の開発を担当した若手醸造家(ビールの醸造を担う社員)が、心の底から楽しんで飲めるビールをつくりたいと、糖質ゼロビールという課題にチャレンジしました」と稲垣さん。大好きなビールを飲みたいと思っても、体のことが気になって、こんな時間に飲んだら太るのでは? という不安が、ビールを楽しむ気持ちを邪魔しているのではないかという課題意識を持っていたという。

 「体を気にする人が、そうしたモヤモヤした気持ちを払拭して、ビールを飲む時間を最高の時間として提供したいという思いから、糖質ゼロビールの開発が始まったんです」

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります