日経doors読者の中には、現状にモヤモヤを抱えていたり、悩んでいたりする人も多いのではないでしょうか。この連載では、これまで多くの働く女性の悩みに向き合ってきた社会保険労務士の佐佐木由美子さんが、「自分らしいキャリア」を築くためのヒントをお伝えします。第1回は天職について。「私、このままでいいのかな?」と現状のキャリアに焦りを感じたときの対処法をご紹介します。

モヤモヤから抜け出すためには?

 「いつか白馬の王子様がやってくる……」。そんな淡い期待を胸に抱くのと同じように、「いつか天職と出合えるはず」と思っていませんか?

 「ある日突然、運命的な出会いが訪れる」。恋愛であれば、そんなドラマチックな出会いがあるのかもしれません。しかし、天職となると話は別。

 今の仕事に大きな不満があるわけではないけれど、何となく物足りない……。本当は自分にも天職があるのでは? そう思っている女性は、意外と少なくありません。

 あなたには、今「これだ!」と思えるものがありますか?

 人生にとって大きな位置を占める仕事。長く働こうと思うなら、なおさら自分に合ったものを選びたいと思うのは、とても自然なこと。できることなら自分の「天職」を見つけて、やりがいを持って働きたいですよね。

 しかし、最初から自分の天職を分かっている人は、めったにいません。「そもそも、自分がやりたいことは何かまだ分からない」という声をよく耳にします。そうしたモヤモヤで頭がいっぱいな状態が続くと、せっかくの毎日を楽しむことができません。それどころか、「こんなことでいいのかな?」「早く何か見つけなきゃ……」と焦る気持ちがどんどんと膨らんでしまいます。

 仕事に慣れてくると、「このままでいいのだろうか」「自分が本当にやるべきことは何だろう」と思い悩むことも珍しくありません。そんなふうに悩むことは自然なことで、むしろ社会に出てわずか数年で明確なキャリアを描ける人のほうが、少ないかもしれません。

 それでも、インスタグラムなどのSNSで友達がキラキラと輝いて仕事をしている様子を見ると、「そうでない自分」がダメな人のように思えて、落ち込んでしまう人もいるのではないでしょうか。

 そこで大切なのは、他人と自分を比べないこと。たとえ今後のキャリアを描けなくても、「私は私のままでいい。きっと大丈夫」と、自分の未来を信じることです。これが自分らしいキャリアを歩む鉄則と言えるでしょう。

「私、このままでいいのかな……?」――そう不安に感じても、他人と比較するのはNG!