こんにちは、佐佐木由美子です。仕事選びは、人生を大きく左右する大きな選択ですよね。「好きなことを仕事にする」のはとてもすてきなことですが、それだけでは行き詰まることもあります。今回は、「幸せなキャリア」を築くために考えるべき要素についてお話しします。

「好き」に固執する前に行動しよう

 「好きなことを仕事にしよう」

 職業について考えるとき、実によく聞くフレーズです。そう思うのは自然なことで否定するつもりは毛頭ありませんが、ちょっと気になることがあります。それは、「好き」に固執しすぎて、前に進めなくなってしまう人がいるということです。

 どんな仕事をするかは人生における最重要な選択の一つなので、悩むのは当然です。しかし、「好きなことしか絶対にやらない」というスタンスでいることで、時間ばかりが無為に流れてしまうとしたら、もったいないと思います。

 人生は一度きり。命には限りがあります。何もしないで後悔するよりも、結果はどうであれ、まずは自分の意志で一歩踏み出してみることに意味があるのではないでしょうか

 「心から好き」と思えるものがあるのは、とても幸せなことです。では、どうしたら「好き」の先へ一歩進めることができるのでしょうか?

 例えば、草花やハーブが大好きで、アロマテラピーにとても興味がある人がいたとします。施術を受けたサロンやオーナーがとても魅力的で、「いつか自分もこんなサロンでアロマの香りに包まれながら仕事がしたい」と考えるようになったとしましょう。人によっては、自分でサロンを持ちたい、つまり開業したいという場合と、すてきなサロンで働いてみたいという場合に分かれるでしょうが、いずれにしてもそうした業界で働くことが「好き」を仕事にすることだ、と思うようになるでしょう。

 しかし、実際に行動に移そうとするとなかなか難しく、実は狭き門であることが分かってきます。開業するとなれば、必要最低限の備品や場所を準備するためにまとまった資金も必要です。そして、「妥協したくない」「そのうちチャンスが訪れるかもしれない」など、何がなんでもその仕事でないとダメだ、と感じてしまい身動きが取れなくなってしまう……。珍しい話ではありません。

 真面目だからこそ、一途になってしまう、ということもあるでしょう。しかし、「好き」だけで突き進むと、他の選択肢が見えなくなってしまい、かえって自分で自分のキャリアを狭めてしまうリスクもあることを知っておいてもらいたいと思います。

「好き」だけで仕事を選ぼうとすると動けなくなるときもある