日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 私と夫と子どもの話 byはあちゅう
  4. はあちゅう 電通を辞め「女性のキャリア」を歩むはずが
私と夫と子どもの話 byはあちゅう

はあちゅう 電通を辞め「女性のキャリア」を歩むはずが

入社2年目にベンチャー企業に転職するも、思い描いた生活からはほど遠かった

『子供がずっと欲しかった 事実婚妻が体験した妊娠・出産のこと、全部。』の著者である、はあちゅうさんは、事実婚をした後、妊活を経て、無痛分娩で2019年9月に第1子を出産しました。「人生全部コンテンツ」をモットーとする、はあちゅうさんが過去に経験した恋愛・婚活とは? 第9回のテーマは「入社2年目での思い切った転職」です。

「ファンです」と渡した一通の手紙が人生を変えた

 (現キッズライン社長の)経沢香保子さんに「一緒に働こう」と言っていただいた頃、当時(経沢さんが社長を務めていた)トレンダーズは上場前で、上場前後の広報担当者として、広告会社に勤務する若手の女性を探していたみたいです。

 経沢さんはブログなどを通して私を知ってくれていて、「はあちゅうという人に会ってみたい」と思ってくださっていたらしくて。

 私はメディアを通して経沢さんを知って憧れていたので、2011年の春に講演会でご一緒したときに、「ファンです」ってお手紙を渡していたんです。そしたらそのお手紙を覚えてくれていたようでした。

 経沢さんはもともとリクルートにいらして、「もっと自由な働き方がしたい」と起業されて、女性の新しい働き方を作った方なので、私の中にある葛藤を見抜いたんだと思います。

 経沢さんと初めてお食事したのは、2011年の5月のこと。「先日はお手紙をありがとう。ごはんしましょう」って誘っていただいて。そのときに「経沢さんみたいな自由な働き方に憧れます」と話しました。9月にまたお会いすることになり、「はあちゅう、うちの会社に来ない?」と誘ってもらいました。

プロフィル写真を新しくしました。撮影に当たって、自分らしい服や、自分を表す小物を考えるのが楽しかったです
プロフィル写真を新しくしました。撮影に当たって、自分らしい服や、自分を表す小物を考えるのが楽しかったです
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります