日経doors

「野菜で食育」 低収入からビジネス創出までの軌跡

藤田久美子さん 昭和女子大学文学部日本文学科を卒業後、教師だった両親の影響を受けて小学校教諭に。1年の臨時採用期間中に「本当にやりたいことは何か」を考えるようになり、教職を辞して職を転々とする。恋人の体調管理を目的に野菜ソムリエの資格を取り、食の道を選択。スキルを持つ仲間たちが正当に評価される仕組みをつくりたいと、起業を経てヴァカボに入社
閉じる