元広告プロデューサーの堂原有美さんが、「幸福度の高い」国々を周り、現地の人にインタビューする本連載。第1回は、堂原さんがなぜ旅に出ようと思ったのか、きっかけや理由を紹介します。

 初めまして。堂原有美と申します。

 私は2019年3月に16年勤めた地元・名古屋の広告会社を辞め、4月よりフィリピンの語学学校に通い、6月から半年かけて世界一周の旅に出ています。今回は、私の自己紹介をさせてください。

 広告会社では、主に観光促進や地域振興の仕事に従事していました。2003年、愛知の戦国武将ゆかりの地を巡る観光、すなわち武将観光の仕事に出合い、どうにかこの地域の宝を世界に広められないかとサムライ好きで知られるジョージ・ルーカス監督に巻物にて協力依頼を送付。結果、なんと秘書から返答が届くというありがたい経験をしました。お断りの返答でしたが、励ましの言葉もいただき感激しました(笑)。

 2009年からは男性中心で構成する観光PR集団「名古屋おもてなし武将隊」の立ち上げ企画に没頭。今でも地元では、「イケメン武将隊」として広く知られています。2010年の経済効果は26億円、CDデビューもしました。皆さん、ぜひ名古屋城へ!

 大好きな仕事でしたが、人生100年時代、新しいキャリアを作りたいと考え、思い切って新しい舵(かじ)を切ってみました。

人生100年時代。新しいキャリア形成に向けて、旅立ちました