日経xwoman

クラフトジンの醍醐味は「自分で探すお気に入りの1本」

「ジンはご当地色も出せるし、ストーリーもある。作り手との距離も近く、アイデアを形にしやすいお酒ですね」(三浦さん)
閉じる