1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. コンフォートゾーンを抜け出せ!
  4. 山本和奈 あえて不慣れな場所を選べば必ず成長できる
コンフォートゾーンを抜け出せ!

山本和奈 あえて不慣れな場所を選べば必ず成長できる

政治的背景や文化的背景は、住んでみないと分からない/後編

起業家、投資家、アクティビストという肩書を持つ山本和奈さん。山本さんが今、考えていること、実践していることに迫ります。後編は、これから先の移住計画についてです。

(上) アクティビスト山本和奈 チリ、ドイツに移住&連続起業
(下)山本和奈 あえて不慣れな場所を選べば必ず成長できる ←今回はここ

海外への移住を前提にした生活

 5歳まで海外にいたこともあって、以前から再び海外に住みたいという思いがありました。チリに戻ることを決めた大学4年生ぐらいのときから、できれば2~3年に一度は国を移動していろいろな場所に住みたいと思うようになりました。

 今はベルリンに住んでいますが、2~3年後には別のどこかに移り、その後は米国に住むというのが、現時点での構想です。仕事の状況によっては渡米時期が早まる可能性もあります。ベルリンの次は南米に戻るか。それとも、私にとっての未踏の地、アフリカ大陸に行くか。それとも一度、居住経験のあるシンガポールに戻るか。いずれにせよ、今、起業準備中の会社がフォーカスしている市場が南米なので、南米とベルリンを行ったり来たりする生活になるのは変わりません。2022年も10月には2~3週間ほどチリに帰る予定です。

 今、ベルリンにはワーキングホリデービザで滞在していますが、ベルリンが合わなければ欧州の別の国に移動する可能性もあります。

 移動を前提にして生活しているので、荷物も最小限に抑えています。物を買うときには「これは移動時に持っていくもの?」と考えてから買います。

2022年5月に米マイアミで開催された、南米のベンチャーキャピタルが集まる会議にて(右端が山本さん)
2022年5月に米マイアミで開催された、南米のベンチャーキャピタルが集まる会議にて(右端が山本さん)
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります