誌面ビューワーのメンテナンスのお知らせ(12/13)

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 企業・業界内若手チームルポ連載 わたしたちのミライはわたしたちがつくる
  4. ONE X「全ての人がコトを興せる社会」を目指す団体
企業・業界内若手チームルポ連載 わたしたちのミライはわたしたちがつくる

ONE X「全ての人がコトを興せる社会」を目指す団体

一人ひとりの可能性を掛け算して、共創していきたい

企業で働く若手チームに注目し、取材するこの連載。第15回で取り上げるのは、「ONE X(ワン・エックス)」土井雄介さん(30歳)、青木優さん(26歳)、濱本隆太さん(31歳)。3人ともONE Xの代表理事を務めている。団体発足の経緯や現在の活動内容、今後の展望を聞いた。

ONE JAPANの若手部門がスピンアウトした実行団体

左から、ONE X代表理事の土井雄介さん、青木優さん、濱本隆太さん
左から、ONE X代表理事の土井雄介さん、青木優さん、濱本隆太さん

 ONE Xは、一般社団法人ONE JAPAN(大企業に勤める若手社員の会の代表者が集う団体)の若手部門で、主に大企業の若手社員により構成された実行団体だ。

 土井雄介さんは言う。「僕は勤務先である大手自動車メーカーで、他の社員と共同で社内ビジネスモデルコンテストを立ち上げた経験があるほか、ONE JAPANにも参加し、ONE JAPAN Tokaiという有志団体で代表としてさまざまな活動をしてきました。ONE JAPANは素晴らしい活動です。でも個人的には、コアメンバーの中で私が常に最年少であることが気になっていたんです。ONE Xとして若手メンバーだけで集まることで、新しい動きにつなげられるのではと思いました」(土井さん)

「ONE JAPANの若手メンバーがONE Xとして集まれば、新しい動きにつなげられるのではと思いました」(本業では大手自動車メーカーからの出向で、ベンチャー企業に勤める土井さん)
「ONE JAPANの若手メンバーがONE Xとして集まれば、新しい動きにつなげられるのではと思いました」(本業では大手自動車メーカーからの出向で、ベンチャー企業に勤める土井さん)

 土井さんは2018年11月に、濱本隆太さんをはじめとするONE JAPANの若手メンバー数人に相談し、新たな活動を始動させることにした。そして2019年2月に立ち上げた団体の名前が「ONE X」だ。この名前に「一人ひとりの可能性を掛け算して、一人では解けない問いに挑み、共創していこうという思いを込めた」と濱本さんは語る。

 濱本さんは現在、大手電機メーカーで正社員として勤務している。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります