アプリは友達探しにも使える

 今は、マッチングアプリなどを活用してネット経由で人と出会える時代です。実際、今付き合っている男性とは(婚活アプリの)Pairs経由で知り合いました。

 最初は「マッチングアプリって面倒臭いな」って、アプリを使うことには抵抗がありました。でも、何か特定の趣味や大事にしたい価値観を持っている人にとって、身近なコミュニティで、趣味や価値観を共有できる人を探すのって意外と難しかったりする。であれば、ネット経由で相手を探して、その人をフックにして友達を増やしていく可能性はあると思います。

 私、TinderのPRの仕事も受けていることもあっていろいろ使ってみているんですが、Tinderだと同性とマッチングするようにも設定できるので、友達探しのツールとして活用している人も結構いますね。最近Tinderは「ソーシャルマッチングアプリ」という方向に舵(かじ)を切っているので、友達やネットワーキング文脈が強くて。

 パートナー探しの場合はパートナー探しに特化しているアプリのほうが使い勝手がいいと思うのですが、Tinderでは住んでいる場所の距離などの条件を設定して検索することもできるので、近所に住んでいる友達とか、特定の価値観を持っている友達を探すこともできますし、何か特定の職業の人と話してみたい、というニーズにも応えてくれます。恋活・婚活アプリと違って、既婚者も使えて楽しいですよ。

* 次回は、ハヤカワさんのアプリを活用した恋活について詳しく伺います。お楽しみに!

ハヤカワ五味(はやかわ・ごみ)
ハヤカワ五味(はやかわ・ごみ) ウツワ/KOHKOH代表取締役社長。1995年生まれ、東京出身。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。大学入学直後にワンピースブランド「GOMI HAYAKAWA」、2014年にランジェリーブランド「feast」、17年にワンピースブランド「ダブルチャカ」を立ち上げる。2019年5月に立ち上げた生理用品プロジェクト「ILLUMINATE」が話題に。2020年8月に女性用サプリメント「チケットサプリ」を発売。毎週木曜にILLUMINATEのインスタグラムでライブ配信中

取材・文/小田舞子(日経doors編集部) 写真/窪徳健作