教育訓練給付制度は3つある

 教育訓練給付金制度とは、一定の期間雇用保険に加入している人、または加入していた人が資格取得のために専門学校などに通った場合、支払った費用の一部を国が補助する制度です。実際に予備校に通うだけでなく通信講座でも対象となります。

 教育訓練給付金制度とは大きく3つの制度に分類されています。

・一般教育訓練に関する教育訓練給付金制度
・特定一般教育訓練に関する教育訓練給付金制度
・専門実践教育訓練の教育訓練給付金制度

 3つ目の「専門実践教育訓練」は看護師や美容師など専門性が極めて高く、長期間学校へ通う必要がある資格向けの制度なので、今回はそれを除く、「一般教育訓練」と「特定一般教育訓練」の制度について解説します

「一般教育訓練」とは、どんな資格の講座が対象になる?

 では、「一般教育訓練給付金制度」の対象となる資格を整理してみましょう。下の表では対象となる資格を抜粋して記載しています。これ以外にも対象資格がありますので気になる人は厚生労働省のホームぺージを確認してくださいね。

 また、これらの資格取得を目的とした講座であっても、教育訓練給付金制度の対象となっていない学校、講座の場合もあります。教育訓練給付金制度が利用できるかを申し込む前に必ず確認しましょう。


あやか 英語系の資格も対象となっているんだね。試してみたいかも。これは誰でも使える制度なの?

ふーみん 初めて申請する場合、雇用保険に1年間加入している人なら使うことができるよ。雇用保険は週20時間以上働いている人であれば、強制的に加入になるから、フルタイムで働いていれば必ず加入していると思うよ。

あやか 雇用保険なら、給与から天引きされているから私も加入しているはず!

ふーみん うん。雇用保険は働いている人の雇用の安定を目的とした保険なんだよ。