Q1 「生理痛があるのは私が不健康だから? 不摂生しているから?」と後ろめたさを感じています。受診したほうがいいの?

甲賀さん
甲賀さん

A1 生理痛があるのは、あなたが悪いわけではありません。婦人科で痛みや困り事は軽減できるはず。ぜひ受診してください。(甲賀さん)

 生理痛の原因は、背景に病気があることも少なくありません。最も多いのは子宮内膜症です。ほかにも、子宮腺筋症、子宮筋腫の可能性もあります。あなたが悪いからとか、生活が乱れているから、生理痛が起きているわけではありません。

 また、もうひとつお伝えしたいのは、背景に病気がなくても生理痛は起こる場合があるということ。生理のときには、子宮内の月経血を絞り出すためにプロスタグランジンという物質が分泌されますが、この物質に対して敏感だったり、痛みを感じやすい体質の人は生理痛を感じやすいと言われています。日に焼けやすい人とそうでない人がいるように体質の問題です。

 ただ、このように背後に病気のない生理痛でも、放っておくと子宮内膜症などの病気になりやすいこともわかっています。

 また、本人が生活に支障をきたすほどの生理痛は、たとえ背後に病気がなくても「月経困難症」という診断名がつき、保険で治療できます。

 婦人科では、診断、治療のほか、生活習慣などのアドバイスも受けられるので、あなたの痛みや困りごとはかなり軽減するはずです。ためらわず、相談してみてください。

Q2 どの程度の生理痛なら病院に行っていいの? 大したことがなかったら恥ずかしいのですが…。

A2 困っているなら程度の心配は無用です。もしも病気でなくても、のちに病気が見つかったときに大事な資料になります。(甲賀さん)

 「大したことがなかったら恥ずかしい」という心配は無用です。前述のように生理痛は本人が困っていれば、症状の重さは関係なく月経困難症と考えて良いのです。

 また、「婦人科で検査したけど、結局、病気ではなかった」と、検査したことを無駄に思う方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。その時点で病気がなかったというカルテの記録は、のちに病気が見つかったときの大事な資料になり、有効な情報となります。心配になった時に診断を受けることは、非常に重要なことなのです。

 万が一、痛みの背後に病気があれば、治療や対処法の提案がもらえますし、早く手を打てば、進行を食い止めることもでき、薬や手術で治せる病気もあります。

 生理痛は、女性の体・心・仕事・生活に負の影響を与えることがあります。早期に診断・治療を受けて、仕事や私生活をパワーアップさせてください。

Q3 できれば、薬を使いたくありません。食事や運動などの日常生活で、生理痛を軽くできる方法はありますか?

A3 薬だけに頼るのは好ましくないですが、「適切な治療」をして「生活習慣も整える」のが一番いい方法です。(甲賀さん)

 生理痛解消のためだけでなく、体調を整えるために規則正しい生活をすることは、一般的な健康のために大前提。食事、運動、睡眠、生活リズムを整えることはとても大事です。

 仮に薬をのんでも、不規則な生活習慣や睡眠不足があると改善は難しいこともあります。薬だけに頼って生活習慣を整えないのは好ましくありません。

 しかし、痛みに困っているのに最初から薬を「絶対に使わない」と決めてかかるのは、かえって体のためにもよくないと思います。薬のメリット、デメリットをよく理解したうえで、メリットが上回る場合は上手に使うことも必要です。そのうえで、生活習慣も整えることが理想的な姿ではないでしょうか。

 食事や栄養の工夫で、薬のように生理痛が緩和されるというデータは今のところありませんが、今の食事バランスが乱れているなら、栄養バランスの良い食事をすることで、体調改善に役立ちます。生理痛緩和の目的というより健康な体づくりのためにバランスの良い食事は重要です。

 また、鍼灸、ヨガ、ピラティス、ストレッチなどの運動は、心地よいと感じたら、してみてください。こちらも薬に相当するようなエビデンスはありませんが、骨盤内の血流が良くなると筋肉の収縮が抑えられる作用があることは確認されています。自分がリラックスできて、心地よいものを見つけてみてはいかがでしょうか。