昔に比べて生理回数が増えたことによる影響は?

 妊娠・出産回数が減り生理回数が増えたことは、現代女性の痛みや不調とどうつながるのでしょうか?

 「生理回数が多いこと自体が、現代女性が抱えている月経困難症(ひどい生理痛)、PMS(月経前症候群)と関連していると考えられています。ほかにも、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫など、婦人科の病気のリスクを高めているといわれています。原因にもなっています。

 子宮内膜症は、生理の血(月経血)のお腹の中やほかの臓器への逆流や、排卵に伴う卵巣での出血や炎症が発症原因になるので、生理回数が増える=排卵回数が増えることに比例して、罹患率が上がります。

 また、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫があると、不妊症の原因にもなります。

 ほかにも、分娩回数が減り生理回数(=排卵回数)が増えることや、出産回数が少ないことなどが女性特有の疾患のリスクを上げることがわかっています」と甲賀さん。

 現代女性のさまざまな病気が、生理回数が増えていることによって引き起こされていることがおわかりいただけたでしょうか。

この痛み、もしかして月経困難症? 痛み止めを手放せない人は疑って!

 「生理痛の中で、日常生活に支障をきたすほどのつらい症状が出るものは“月経困難症”と呼び、ひとつの疾患として扱います。月経困難症は、大きく2つの種類に分かれます。

 ひとつは、“機能性月経困難症”。これは原因となる病気が存在しないのに症状が出る場合で、先ほど紹介したプロスタグランジンの分泌が多いことや、思春期で子宮が未成熟であることが原因です。

 もうひとつは、“器質性月経困難症”。こちらは子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫など、直接的な原因となる病気が存在する場合です」と甲賀さん。

 ちなみに、月経困難症の症状は、腹痛や腰痛はもちろん、吐き気や下痢、頭痛などが現れる人もいます。つらさの線引きは、個々人で異なり難しいので、医師が診断をする際には、「患者さん本人が生理痛など生理に伴う症状のために日常生活に支障が生じている」ことを基準としています。

 「たとえば、生理中に痛みが激しく、鎮痛剤(痛み止め)が手放せず、学業や仕事など日常生活に支障をきたしていれば、それは月経困難症という疾患です。

 現在、月経困難症は、日本で800万人以上もの患者さんがいると推定されるほど、多くの女性を悩ませている病気となっています。

 にもかかわらず、800万人のうち医療機関を受診し、治療を受けている人はたったの10%です(*4)

 痛みに悩んでいる人にぜひ知ってほしいのは、日常生活に支障が出るほどの生理痛があるのは、それ自体が月経困難症という病気なのです。原因を明らかにして、それに対する治療をすれば改善するということ。我慢しないでほしいのです」(甲賀さん)。

*4 日本子宮内膜症啓発会議「Fact Note P3 図4 月経困難症患者の現状」