生理痛を改善する治療薬、LEP剤の基本の服用法は?

 生理痛を改善するために服用する保険適用薬のLEP剤は、どのように使うのでしょうか?

 「まず、LEP剤の原則は、連日のんでいる間は生理が来ない、のむのを中断(休薬)すると生理のような出血(*)が来る、ことです。

 その上で、LEP剤ののみ方には複数あります。1つ目は『28日周期投与』といって、毎周期28日間のうちに1回、4日または7日の休薬をして生理を来させる方法です。

 “21日間続けてのんだあと、7日間、休む”、または“24日間続けてのんだあと、4日間、休む”といったのみ方があり、28日に1回、生理のような出血(*)があります」(甲賀さん)。

* LEP剤をのんでいない期間に自然に起こる出血が「生理」です。LEP剤という薬剤によってコントロールされた状態で起こる出血は、厳密には生理ではなく「消退出血」として医学的に区別されています。
「月経困難症を治療するLEP剤はこんな薬(28日周期投与で使う薬剤の例)」
21日続けてのんで、7日間休むタイプ。1錠に含まれているホルモンの分量が同じなので「一相性」と呼ばれます。すべて同一の錠剤のため、服用する錠剤の順番を間違えても、問題が起こりません。LEP剤には「一相性」のタイプしかありません
21日続けてのんで、7日間休むタイプ。1錠に含まれているホルモンの分量が同じなので「一相性」と呼ばれます。すべて同一の錠剤のため、服用する錠剤の順番を間違えても、問題が起こりません。LEP剤には「一相性」のタイプしかありません
24日続けてのんで、4日間休むタイプ。このように28日分の薬が入っていて、最後の4日分がホルモン製剤は入っていない、偽薬(プラセボ錠)入りのものもあります
24日続けてのんで、4日間休むタイプ。このように28日分の薬が入っていて、最後の4日分がホルモン製剤は入っていない、偽薬(プラセボ錠)入りのものもあります

 また、LEP剤には『28日周期投与』以外にも、『フレキシブル投与』『延長周期投与』といった、休薬する頻度を減らして、1年間に来る生理回数を減らす服用方法があります。現在は、これらの連続した服用方法が一般的になってきています。

 『フレキシブル投与』『延長周期投与』は、休薬の頻度を減らすことで、生理が起こる頻度が減ります。そのため、つらい生理痛などで困っている人には、良い選択肢です。また、薬剤によっては子宮内膜症に伴う痛みの改善をするというメリットもあります。

 ただし、『28日周期投与』は生理の時期の予定が立つのに対し、この2つの投与法では予定しないときに、不正出血が起きる可能性が高いところが欠点でもあります」(甲賀さん)。

 一方OCの服用法は、毎月1回休薬して、生理を来させる『28日周期投与』のみです。

「LEP剤の服用法は3パターン。年間の生理回数を減らすのみ方ができる製品も」
<span class="fontSizeS"><span class="textColRed"><b>×</b></span>は、休薬による出血を表しています</span>
×は、休薬による出血を表しています
「LEP剤のホルモン含有量はすべて同じ一相性のみ。OCにはホルモンの含有量を変えた三相性も」
LEP剤は、一相性の製品しかありませんが、OCには、自然なホルモンのバランスに近づけて、時期によってホルモン含有量を変えた3種類の錠剤が1シートに入った三相性と呼ばれる製品もあります
LEP剤は、一相性の製品しかありませんが、OCには、自然なホルモンのバランスに近づけて、時期によってホルモン含有量を変えた3種類の錠剤が1シートに入った三相性と呼ばれる製品もあります