私が一番好きな言葉

 そして、これからも私は夢中でいたい。

 「努力する人は、夢中な人に勝てない」。私が一番好きな言葉です。

 私は25歳のときに起業しましたが、農業という分野では新参者もいいところ。それでも信頼してもらうには、圧倒的な量をこなす努力は必要だと考えて、これまでやってきました。

 特別なスキルはないし、人をまとめるのも苦手。だから量で負けちゃいけない。量をこなすエネルギーの源になるのが「夢中」であること。夢中だから、苦を感じずに、いつの間にか頑張れる。

「努力しているという実感はありません。夢中だから苦しくもないんです」
「努力しているという実感はありません。夢中だから苦しくもないんです」

 そんな感覚が今の私に近いし、事業を伸ばすエンジンになっているのだと思います。

 決してスマートな経営者ではないけれど、無我夢中の没入感では誰にも負けない。そんな私らしいスタイルを、これからも大切にしながら全力でばく進します。

取材・文/宮本恵理子 写真/洞澤佐智子