1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. doorsアカデミー その仕事、生産性ゼロです
  4. 「空気を読んで、言いたいことが言えない」は生産性ゼロ
doorsアカデミー その仕事、生産性ゼロです

「空気を読んで、言いたいことが言えない」は生産性ゼロ

人間関係と説明力を見直せば、スムーズに発言できる

当たり前のものとして行っているルーティンの仕事。でも、「当たり前」なのはあなたの会社だけかもしれません。「当たり前」をやめて、仕事の効率が上がるとしたら……。トヨタ自動車、TBSテレビ、アクセンチュアとさまざまな文化を持つ企業でキャリアを重ね、現在はマーケティング会社の代表を務める山本大平(だいへい)さん。この連載では、これまで多くの若手社員の相談に乗ってきた山本さんに、「生産性がゼロの仕事」はどう改善できるかを聞きます。

doorsアカデミー その仕事、生産性ゼロです

「どうして言えないのか」を考えてみる

会議で自分の意見をハッキリ言うには?
みゆきさん(仮名)24歳、メーカー

 会議で発言するのがとても苦手です。なんとなく空気を読んでしまって、反対意見があっても手を挙げられません。後になって、「言っておけばよかった……」と後悔します。

 特に反対意見のときは、発言をためらってしまいます。周りの人と摩擦を起こすことなく自分の意見を言うには、どうすればいいのでしょうか。

 「まず、『どうして言えないのか』を考えてみましょう」と山本さん。「会議の雰囲気に圧倒されてしまうのか、自分の意見がまとまっていないのか……。原因を深掘りしてみると、解決策が見えてきます」とのこと。

 山本さんによれば、原因は大きく2つ。「人間関係」と「説明力」を見直すことで、状況はかなり改善されるといいます。

 では、この2つについて詳しく伺っていきましょう。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります