「イケてない」と思われたくない

―― 今の20代男性は草食化しているといわれることも多い年代ですが、ご自身や周りの人は恋愛に対して積極的だと思いますか?

山下 積極的な人とそうではない人、二極化しているような気がします。僕の友人には真面目な人が多いです。僕自身も、気になる人がいても積極的には行けないほうですね。

―― 積極的に行かないのはどうしてですか?

山下 「こいつ、イケてないな」と思われるのがイヤなんです。みんなと一緒のときには盛り上がっても、一対一になったとき、付き合うに値する相手かどうか品定めされる気がしてしまう……。そもそも合コンに行ったのも人生で4回くらいしかありませんし、合コンきっかけで付き合ったこともありません。過去の彼女もすべて友人から発展するパターンだったので、自分自身は肉食ではないと思っています。

―― 恋愛すること自体が面倒だとか、拒絶されるのが怖いとか、そういう気持ちがあるのでしょうか?

山下 初対面の相手と人間関係をつくるのは大変という思いはあります。仲良くなるためにいろいろ頑張らないといけないから、疲れるんですよね。仕事で余裕がなかったりすると、恋愛にエネルギーが割けないときもあります。

―― なるほど。友人からしか交際に発展しなかったということは、一目ぼれはしないほうですか?

山下 華やかな女性を見てかわいいと思うことはあるけれど、付き合いたいとはあまり思わないですね。一緒にいて落ち着ける女性と付き合うことが多いです。

山下大征さん
山下大征さん

―― 國井さんはいかがですか? ここ1年半くらい彼女がいないということですが、自分からは積極的には行かないタイプですか?

國井 僕はむしろ積極的だと思っています。不動産の営業職という仕事柄、知らない人と話すのが当たり前なので、異性に対してもどんどん話しかけます。いろいろな人と知り合いたいし、付き合う、付き合わないなどの結果はあまり気にしません。合コンで知り合った女性とお付き合いしたり、友人になったりすることも多いです。

―― そうなんですね。やはり営業をやっている人は「コミュ力」が高い人が多いのでしょうか?

國井 一概には言えませんが、僕の同僚や先輩はみんな肉食系ですね(笑)。学生時代も野球をやっていたので、ガツガツした人間が多いんですよ。女性と知り合う機会がないので、自分からアクションを起こさないと出会えないんです。