女性の体や性の知識にはエビデンスのない、「都市伝説」のようなものがたくさんあります。働く女性の視点から、体のプチ不調や性に関する正しい知識を産婦人科医で性科学者でもある宋美玄先生に教えてもらいます。

doorsアカデミー 宋美玄先生 働く女性のための 体と性のほんと

 女性ホルモンは、女性のライフスタイルに大きく影響します。個人差があるので誰でもそうなるわけではありませんが、生理前に憂鬱になるなどいろいろな不調が出るのはホルモンの影響。生理が終わったあとに肌の調子がよくなったり、活発に動けるようになったりするのもホルモンが影響しています。

 「恋愛やセックスをしていないから、女性ホルモンが出ていない」という話がいまだに巷(ちまた)であふれています。どこからこんな的外れな言説が出てくるのかは分かりませんが、女性ホルモンは生殖のために分泌されているものであることが関係しているのかもしれませんね。

 女性ホルモンの一番の役割は、妊娠しやすい体に整えることです。子どもを持つ、持たないにかかわらず、女性の体は妊娠に備えて常にホルモンが分泌され、それによって卵巣や子宮が機能しています。