基本に加え、「できる人」だけがやっているワンランク上のビジネスマナーについて、女性営業職や働く女性の人材育成・キャリア支援を行う太田彩子さんがdoors読者だけにレクチャー。成功者のビジネスマナーを身に付けて、チャンスを広げましょう。

日経doorsアカデミー 成功者のビジネスマナー

連載第6回では、予定を変更して「オンライン上のコミュニケーション」のマナーをお伝えします。テレワークをする上で欠かせないチャットツールやメールでのやりとりをスムーズにするポイントについて、本連載でおなじみの太田彩子さんが教えてくれます。

「承知しました」はダメ?チャット上でのやりとりNG例

やってはいけないオンライン上のコミュニケーション【NG例】

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な今、テレワークに取り組んでいる人も多いのではないでしょうか? 普段以上にチャットツールやメールでのやりとりが増え、doors世代のキャリア女性からは「オンライン上のコミュニケーションに戸惑う」といった声が聞こえてきます。

 対面の時間が当たり前のようにあったこれまでなら、問題のなかったコミュニケーションでも、現在は状況がまったく違います。今は職場や取引先の人と「会えない」テレワークが中心になり、テキストベースのチャットやメールが、相手により大きな印象を与えるようになったのです。

 そこで今回は、オンライン上におけるコミュニケーションをスムーズにするコツをレクチャーします。まずは、最も「やってはいけない」テキストでのやりとりについて、下の画像を例に見ていきましょう。

効率アップ、無駄をなくすことばかりを重視していると冷たい印象を与えてしまう
効率アップ、無駄をなくすことばかりを重視していると冷たい印象を与えてしまう