1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 悩みの種は尽きません
  4. 4回の結婚経験MALIA. 好きな人に愛される秘訣
悩みの種は尽きません

4回の結婚経験MALIA. 好きな人に愛される秘訣

恋愛ノウハウよりも大切なことがある

人の数だけ悩みもある。どんなに年を重ねても、悩みの種は尽きません。あなたの悩みに寄り添う連載、今回は20代女性の「好きな人に好かれるにはどうしたらいい?」というお悩みです。モデルのMALIA.さんに回答していただきました。

【前編】4回の結婚経験MALIA. 好きな人に愛される秘訣←今ココ
【後編】MALIA.不安は可視化しポジティブに情報を取る

「好きな人に好かれる」には、どうしたらいいの?

 都内で働くのぞみさん(仮名)は、24歳。新卒で入社した人材サービスの会社で広報を担当している。

 思春期の頃から、「いつも好きな人がいました」と話すのぞみさん。「ほれっぽいのかな。クラスのみんなでドッジボールをしているときに守ってくれた、勝ってハイタッチをした……。そんなささいなことでも、すぐ好きになってしまいましたね(笑)」。友達を巻き込み、「◯◯くんと仲良くなるためには、どうしたらいいと思う?」と相談したりアドバイスをもらったりと、いつも恋愛の話で盛り上がっていたそう。

 高校生までは、なかなか自分からアプローチできず待ちの姿勢が多かったが、大学生になり一変。上京し東京で一人暮らしを始めると、自由が増した分、合コンにも積極的に参加するように。持ち前の明るい性格もあって、毎週のように友達のつてで合コンに呼ばれるようになった。少しずつ、「自分から男性にアプローチ」できるようになっていった。

都内で働くのぞみさん(仮名)。好きな人に心を開いてもらうにはどうすればいいか悩んでいる
都内で働くのぞみさん(仮名)。好きな人に心を開いてもらうにはどうすればいいか悩んでいる

 のぞみさんは、よく「恋愛のノウハウ本」を読むという。恋愛に積極的になるにつれ、実らない恋があるのだと知るようになった。そんなときに出会ったのが、男性の心理を細かく分析した恋愛心理学の本。熟読し実践して手応えを感じると、次第にのめり込んでいった。

 「お気に入りの著者がいて、彼女の本は発売されると欠かさず購入。ウェブでの連載も、更新日には真っ先に読んでいます。今では、彼女の本から派生して、心理学の本も読むようになりました。

 今も好きな人がいます。でも、いくらノウハウを読んでも、最後の一押しがなかなかできなくて。彼が本当に好きなあまり、もしも振られてしまうくらいならこのままの関係でいたいと思ってしまう。好きな人から好かれる方法って、あるのでしょうか」

MALIA.さんに聞いてみた

 そこで今回は、モデルのMALIA.さんに話を聞きました。多くのファッション誌でモデルとして活躍するMALIA.さん。アパレルブランドやコスメなど複数のブランドを持ち、会社を経営する実業家でもあります。4回の結婚・離婚、出産、離婚……と、さまざまな人生経験を積まれているMALIA.さんは、どんな回答をしてくれるのでしょうか。

MALIA.さん
1983年、横浜市生まれ。モデル。現在は実業家としても活躍中。三男一女の母。
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります