1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 悩みの種は尽きません
  4. MALIA.不安は可視化しポジティブに情報を取る
悩みの種は尽きません

MALIA.不安は可視化しポジティブに情報を取る

未来を不安がるよりも「自分の中で優先順位が高いもの」を大事に

前編では、今回は20代女性の「好きな人に好かれるにはどうしたらいい?」という悩みについて、モデルのMALIA.さんに回答いただきました。後編では、独身女性が抱える「結婚・育児・仕事の両立に対する不安」や、MALIA.さん流の「自分のご機嫌の取り方」を聞きました。

【前編】4回の結婚経験MALIA. 好きな人に愛される秘訣
【後編】MALIA.不安は可視化しポジティブに情報を取る←今ココ

MALIA.さん
1983年、横浜市生まれ。モデル。現在は実業家としても活躍中。三男一女の母。

育児の「大変さ」より「幸せ」を伝えたい

 4人いる子どものうち、一番下の子はまだ3歳。雑誌などのインタビューを受けるときに「子育てで大変だったことは?」とよく聞かれますが、大変すぎて記憶がないくらいです(笑)。

 私は「子育ては期間限定」だと思っていて。だから、大変だったことや苦労よりも、楽しい思い出や幸福感のほうが上回るんです。もちろん子育てに余裕があったわけではないし、その時々、いろいろなことを乗り越えてきました。

 いくつになっても私の子どもたちであることに変わりはないけれど、いつか彼らも大人になり、私のもとから巣立っていってしまう。「子育てには終わりがある」のだと捉えると、苦労よりも幸せだった記憶の方が、強く残っているんです。

「子どもたちには、みんなは一つのチームだからママについてきてねと言い聞かせていました。監督のようなポジションでしたね」
「子どもたちには、みんなは一つのチームだからママについてきてねと言い聞かせていました。監督のようなポジションでしたね」

 これから結婚や出産をする読者の方の中には、「仕事と育児は両立できるのだろうか」と不安になる人も多くいると思います。けれど、まだ起きていない未来に対して、不安ばかりを掘り下げないほうがいいんじゃないかな。生きていく中で、不安じゃないことのほうが少ないですよ。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります