日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 最高の失敗図鑑
  4. 「不機嫌な状態で来るな!」人気編集者の20代の大失敗
最高の失敗図鑑

「不機嫌な状態で来るな!」人気編集者の20代の大失敗

松田紀子さんの失敗図鑑(上)「不機嫌まき散らし」をコントロールする40分セットリスト

何かを成し遂げた女性は、華々しいキャリアで順風満帆に見える。でも実は、見えないだけで、思い通りにいかず悔しくて、泣いて、もがいて、落ち込んで……「失敗だらけの道」を歩んでいるかも。先輩たちの生々しい失敗談に、転機の乗り越え方、転び方、失敗を最高の糧にするヒントを学ぶ連載。今回は、編集業界のヒットメーカー、松田紀子さん(46歳)の失敗図鑑です。

 大ヒット作『ダーリンは外国人』(小栗左多里著、メディアファクトリー)はじめ担当したコミックエッセーの累計売り上げは470万部超。その後、料理雑誌編集未経験で編集長に就いた『レタスクラブ』は部数大幅増のV字回復で完売4回という実績を持つ、スーパー編集者、松田紀子さん

数々のヒット作を生み出してきた名編集者・松田紀子さん(46歳)。2019年には、初めての著書『悩んでも10秒』(集英社)を出版した
数々のヒット作を生み出してきた名編集者・松田紀子さん(46歳)。2019年には、初めての著書『悩んでも10秒』(集英社)を出版した

 現在は、ファンベースカンパニーで、培った編集スキルを幅広い業界の企画・マーケティングに生かすファンベースディレクターとして活躍中だ。

 いつも明るい笑顔を絶やさず気さくな松田さんは、自他共に認める「失敗を失敗と思わないタフな精神の持ち主」。共に作品を生み出してきた漫画家の皆さんからも、「松田さんと一緒に仕事をするのは楽しい」と支持は厚い。しかし、そんな明るさを育んだきっかけの一つに、20代の頃の「痛い失敗」があったという。

<松田紀子さんの「失敗年表」>23歳 地元の大学を卒業後、編集者を目指す/九州のフリーペーパーの編集部へ/地元の店舗のPR記事を作成/ここで失敗(1)/24歳 リクルート九州「じゃらん」へ契約社員として入社/27歳 上京し、メディアファクトリーに転職/コミックエッセイのプロジェクトを担当/29歳 担当した『ダーリンは外国人』が100万部のヒット/その後も担当するコミックエッセイが軒並みヒット/41歳 メディアファクトリーがKADOKAWAに吸収合併され、残留を決断/ここで失敗(2)/42歳 雑誌『レタスクラブ』編集長に/44歳 部数大幅増のV字回復を果たす/46歳 KADOKAWAを退職、ファンベースカンパニーにジョイン
松田さんの20代の頃の失敗は、慣れからくるものだった
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります