日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 最高の失敗図鑑
  4. 竹内由恵 学生気分が抜けず、新人アナ時代に失態
最高の失敗図鑑

竹内由恵 学生気分が抜けず、新人アナ時代に失態

失敗図鑑(上)「一番出来が悪かった」勉強不足でプロ意識が低いことを自覚した失敗

何かを成し遂げた女性は、華々しいキャリアで順風満帆に見える。でも実は、見えないだけで、思い通りにいかず悔しくて、泣いて、もがいて、落ち込んで……「失敗だらけの道」を歩んでいるかも。先輩たちの生々しい失敗談に、転機の乗り越え方、転び方、失敗を最高の糧にするヒントを学ぶ連載。今回は、元テレビ朝日アナウンサー、竹内由恵さん(34歳)の失敗図鑑です。

(上) 竹内由恵 学生気分が抜けず、新人アナ時代に失態 ←今回はここ
(下) 竹内由恵 自分のミスで仕事減 信頼得るため自ら現場へ

 テレビ朝日のアナウンサーとして、『ミュージックステーション』や『報道ステーション』などの看板番組を担当してきた竹内由恵さん(34歳)。2019年12月に11年間勤めたテレビ朝日を退社し、2020年2月からフリーとなり、新たなステージに立ったばかりだ。

結婚を機に一度仕事を辞めた竹内由恵さん。2020年2月からフリーとなり新たなステージに立つ
結婚を機に一度仕事を辞めた竹内由恵さん。2020年2月からフリーとなり新たなステージに立つ

 「結婚を機に夫の勤務先である静岡に移住することになって会社を辞め、約3カ月間は専業主婦として新生活を整える日々を過ごしていました。ただ、生活が落ち着いてくると次第に、『静岡にいながら仕事を続ける方法はないだろうか』と感じるようになって。コーヒーやパンなど自分の好きなものを仕事にして一からスタートすることも考えましたが、これまで培ってきたアナウンサーとしての経験を生かせる仕事がしたいと思い、芸能事務所に所属して再出発することにしました」

 結婚を機に会社を辞めたのは「自分のライフスタイルに合わせて一つひとつ丁寧に選択していきたいと思ったから」という竹内さん。こうして自分の意思で人生をデザインできるようになったのも、多くの失敗を乗り越え、キャリアを積んできたからだ。新人時代の20代には、今もテレビ朝日で語り継がれるほどの「失敗をやらかしてきた」という。

<竹内由恵さんの失敗年表>23歳 テレビ朝日に入社し、編成局アナウンス部に配属/(ここで失敗1)/24歳 ミュージックステーションでのサブ司会を担当/初めての報道番組も担当(ここで失敗2)/バラエティー番組で漢字検定準1級を取得/25歳 「世界水泳2011」の現地キャスターを担当/26歳 「ロンドンオリンピック」の現地キャスターを担当/29歳 「スーパーJチャンネル」のメインキャスターとして初の報道担当に/32歳 「報道ステーション」のメインキャスターを担当/33歳 結婚。テレビ朝日退社し、専業主婦に/34歳 フリーアナウンサーになる
竹内さんが「やらかしてきた痛い失敗」とは…
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります