1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 最高の失敗図鑑
  4. 野々村友紀子 ポンコツ会社員をへてテレビ業界へ
最高の失敗図鑑

野々村友紀子 ポンコツ会社員をへてテレビ業界へ

コピーもとれない、書類を紛失、外出先で迷子…… 失敗続きの会社員時代

何かを成し遂げた女性は、華々しいキャリアで順風満帆に見える。でも実は、見えないだけで、思い通りにいかず悔しくて、泣いて、もがいて、落ち込んで…「失敗だらけの道」を歩んでいるのかも。先輩たちの生々しい失敗談に、転機の乗り越え方、転び方、失敗を最高の糧にするヒントを学ぶ連載。今回は、放送作家で近年はコメンテーターとしても活躍する野々村友紀子さん(47歳)の失敗図鑑(上編)です。

(上)野々村友紀子 ポンコツ会社員をへてテレビ業界へ ←今回はここ
(下) 野々村友紀子 仕事と家庭のバランスが取れず夫にイライラ

失敗しない人はいないし、恥をかかない人もいない

 20代前半までお笑い芸人として活動、コンビ解散を機に会社員として働いたのち、放送作家へ転身した野々村友紀子さん。28歳のときに後輩芸人だった2丁拳銃・川谷修士さんと結婚し、2児の母に。子育てが落ち着いた現在、放送作家、タレント養成所の吉本総合芸能学院・東京校(NSC)の講師、コメンテーターとして多彩に活躍している。

 NSCでは若手芸人の育成に携わり、プライベートでは思春期の娘たちを育てる中で野々村さんは、自身の20代の頃との違いについてこう感じているそうだ。

 「いかにもおばちゃんぽい言い方になってしまうけれども、今の若い人と私の世代では考え方がだいぶ違うなぁと思います。特にNSCで芸人志望の20代を見ていると、失敗を恐れる傾向が強い。芸人は人を笑わせることも、笑われることも仕事。失敗したり恥ずかしい思いをしたりしても、『これはおいしいぞ』って、笑いに昇華すればいいのにそれができないみたい。娘たちを見ていても、恥をかくことを極端に恐れていると感じます。きっと、doors世代の読者も失敗を怖いと思っている人が多いんでしょうね」

 野々村さんは、「失敗しない人はいないし、恥をかかない人もいないですよ。うまく恥をかけばいいんです。『やっちゃった!』と思っても次につなげればいい」と話す。自身も20代の頃、初めて会社員として働き始めたとき、「こんなことあるかい!」と突っ込みを入れたくなるような数々の失敗をしてきたという。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります