【注意】日経BPのメディアサイトを巧妙に模倣した偽サイトが判明しました

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 最高の失敗図鑑
  4. 野々村友紀子 ポンコツ会社員をへてテレビ業界へ
  5. 2ページ目
最高の失敗図鑑

野々村友紀子 ポンコツ会社員をへてテレビ業界へ

コピーもとれない、書類を紛失、外出先で迷子…… 失敗続きの会社員時代

会社員に挑戦するもポンコツぶりを発揮

 小さい頃からお笑いが大好きで、小学校からの親友とNSC大阪校に進んだ野々村さん。女性お笑いコンビを組み、芸人として実績を積んできたが、25歳のときに解散。新しい相方を探す気になれなかったため、一般企業で働くことを決めた。

 「一度、当時でいう『OL』をやってみたかったんです。社長の自宅の敷地内にある小さな会社で、事務をすることになりました。でも、それまで芸能の世界にいたから、一般社会で普通とされていることが分からない。『これ、ソートでコピーお願い』と言われても、『ソートってなに?』状態。コピー機の使い方が全然分からないのに『はい』と言ってしまって、とりあえずボタンを押したものの、コピーが始まらない。焦って、関係ないトレーをガチャガチャ開けたら紙詰まりを起こして、お手上げ(笑)。この後、先輩から『分からないならなぜ聞かないの?』と叱責されました。当たり前ですよね」

 その後も野々村さんは次々と失敗を引き起こす。

 社長が車で外出する際、野々村さんも別車を運転し、後を付いていく形で大量の書類を運ぶよう頼まれた。ところが、車のトランクが開いていることに気づかず運転し始めたため、走行中に書類が飛んで行ってしまった。途中で社長から「何をやっているんだ!」と声を掛けられ、慌てて車を止め、回収に走ったという。

 別の日には、社用車のメンテナンスを依頼されたにもかかわらず、整備店への往復でガソリンを使ってしまい、補充を忘れたまま車庫に戻し、後日同僚にあきれられてしまった

「お使いに出たとき、道に迷ってしまい、終業時間ぎりぎりに帰社して同僚にため息をつかれたこともあります。本当にダメダメOLでした」
「お使いに出たとき、道に迷ってしまい、終業時間ぎりぎりに帰社して同僚にため息をつかれたこともあります。本当にダメダメOLでした」
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります