日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 最高の失敗図鑑
  4. 金子恵美 留学中の失敗で学んだ多様な視点
最高の失敗図鑑

金子恵美 留学中の失敗で学んだ多様な視点

失敗図鑑(下)人を一面で判断するのは不自然で無意味 「絶対」も「完璧」もない

今回の「最高の失敗図鑑」は、元衆議院議員で、コメンテーターの仕事や講演活動を中心に活躍する金子恵美さん(42歳)。産後直後に、夫の不倫スキャンダルが発覚したときには、損得考えず、周囲の反対を押し切って決断をした。「誰にも失敗はある」―-その言葉の背景には、金子さん自身が失敗から学び、大事にしている信条がある。

(上) 金子恵美 出産日夜に夫からまさかの告白 あの日の決断
(中) 金子恵美 夫の騒動に「全く別れる気はなかった」理由
(下) 金子恵美 留学中の失敗で学んだ多様な視点 ←今回はここ

 元衆議院議員で、コメンテーターの仕事や講演活動を中心に活躍するタレントの金子恵美さん(42歳)。

 新潟県出身で、学生時代から政治家を志し、ミス日本ファイナリストという経歴を経て、2007年に新潟市議に就任した。その後、県議を経て、2012年には国政へ。自民党の衆議院議員として2期5年務めるも、夫の元衆議院議員・宮崎謙介さん(39歳)の不倫スキャンダルがきっかけで、3期目を懸けた選挙で落選した。

 当時は、バッシングの嵐にさらされながらも、離婚は全く考えなかったという金子さん。「あの出来事が家族の絆を深めた」と振り返る。

 「失敗は誰にでもある。失敗という一面だけで、人を判断したくない」というのが、金子さんの信条だ。

「失敗一つで、その人の価値が決まるわけじゃない。対処の仕方で真価が問われると思っています」
「失敗一つで、その人の価値が決まるわけじゃない。対処の仕方で真価が問われると思っています」

 こうした、人や物事の見方を決定づけた失敗経験が、金子さんにはある。それは、20代半ばに韓国に留学していたときのこと。ミス日本のファイナリストに選ばれた経歴から、スポーツ新聞に週1回、韓国での暮らしぶりや流行などを連載することになったのだ。

 次第に評判を集めて、ネットメディアでも配信されるように。そして韓国の人たちにも読まれるまでになったが、間違った翻訳によって「炎上」してしまったのだ。

<金子恵美さんの失敗年表>22歳 早稲田大学第一文学部卒業/新潟放送に勤務/25歳 ミス日本関東代表に選出/26歳 韓国の梨花女子大学校に留学 ここで失敗①/29歳 新潟市議会議員選挙で初出馬、トップ当選/32歳 新潟県議会議員補欠選挙に出馬し、当選/34歳 新潟県議を辞職後、衆議院議員総選挙に自由民主党公認で新潟4区から出馬、当選/37歳 同期の衆議院議員・宮崎謙介氏と結婚/38歳 第一子を出産/夫の不倫報道により、宮崎氏は議員を辞職/第3次安倍第2次改造内閣で総務大臣政務官に/39歳 衆議院議員総選挙で落選(比例復活の当選もならず)ここで失敗②/40歳 コメンテーターや講演活動を開始
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります