今の「ちょっと怖い」は、将来の「当たり前」

 新しい動きの中で、こんなに自分が悩んだということは、多くの女性が共通の悩みを持っているのだろうと思います。女性なら誰でも精子バンクを使ったり卵子凍結をしたりしたほうがいいとは思いません。でも、これから広がっていく様々なテクノロジーや価値観の変化で、悩みを抱える人が少しでもサポートされる未来が来たらうれしいし、人々の選択肢を少しでも増やすことができたらと思います。

 「卵子凍結は怖い」「精子バンク? 何それ、分からない」という方もまだまだ大勢いますよね。でも、インターネットだって最初はそうでした。初めは誰もインターネット上で買い物をしたがらなかったのに、今はもう当たり前になっている。今の「ちょっと怖い」は、将来の「当たり前」です。

 例えば今、ブロックチェーンとか仮想通貨という言葉がバズワードになっていますが、まだ多くの人は本当のところを理解していないと思います。みんな「ブロックチェーンが経済を変える」って言ってるけど、ほとんどの人は理解していない。「ブロックチェーンで銀行がなくなる」とか言って、なんのこっちゃって。生殖に関するテクノロジーも、今は多くの人にとって「なんのこっちゃ」だと思うのですが、世界を確実に変えていく。その感覚に近いと思っています。

談/スプツニ子! 編集・構成/小田舞子(日経doors編集部) 写真/窪徳健作