内的キャリア(やりがい、働きがい)重視のカウンセリングを得意とし、長期キャリアのアドバイスに定評のあるキャリア・カウンセラーの錦戸かおりさんに、「転職する、しないに関わらず、いつでも転職できる人材でいること」の大切さについて教えてもらいます。

日経doorsアカデミー 転職・適職指南 自分の育て方、キャリアの作り方

「日経doors アカデミー」転職・適職編の講師は、内的キャリア(やりがい、働きがい)重視のカウンセリングを得意とし、長期キャリアのアドバイスに定評のあるキャリア・カウンセラーの錦戸かおりさんです。第5回のテーマは、「転職に失敗したと思ったら」です。最近増加中の「出戻り転職」についてもご紹介します。

現実は「幸せな転職」ばかりではない

 一昔前の終身雇用が事実上消滅し、転職すること自体は「普通」になりました。しかし現実を見てみると、幸せな転職ばかりではありません

 実際に働いてみたら、仕事内容が思っていたものと違った、自分が思い描いていた働き方ができなかった……。そういった「転職後のご相談」もよく受けます。多くの人は、また次の転職に踏み切ったほうがいいのか、もう少し仕事を続けてみたほうがいいのかでお悩みです。そんなとき、私は以下のようなポイントに沿って話を聞いています。

本当に困っていることは何か

 転職直後は慣れない環境の中、新しい業務や緊張でかなり体力を消耗するものです。特に初めての転職の場合は分からないことだらけ。せっかく転職したのにうまくいかない自分に対してのいら立ちや、他の会社から出た内定と比較しての後悔、話が違っていたことへの怒りなど、さまざまな感情が渦巻くこともあるでしょう。まずは、そういった感情をすべて吐き出した上で、「本当に困っていることは何か」を考えてみてください。

 ここで大事なのは、感情をないがしろにしないこと。どのような感情であれ、あなたの正直な気持ちをまずは受け止めることです。そうしないと、「自分が本当に困っていること」は見えてきません。