1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. あのときの1万円
  4. オリィ研究所吉藤代表 お金は孤独の解消にすべて使う
あのときの1万円

オリィ研究所吉藤代表 お金は孤独の解消にすべて使う

人を説得する時間がもったいない まずは自己資金でアイデアを形に

ユニークなキャリアで輝く人に、お金と人生、お金と仕事について聞くこの連載。人生の転機で手にしたお金や投資が、その後のキャリアにどう関わっていったのか、迫ります。今回登場してもらったのは、「孤独を解消する」ことを目的に事業を展開するオリィ研究所の代表・吉藤健太朗さん。分身ロボット「OriHime」などでコミュニケーションの障害に挑む吉藤さんに、お金との向き合い方を聞きました。後半は会社設立後、どう事業を運営されたかを中心に教えてもらいました。

お金とキャリアにまつわるエピソードを紹介するこの連載。オリィ研究所の代表・吉藤健太朗さんに、会社設立までを語ってもらった前編に続いて、後編では、お金に対するユニークな考え方や、お金を使う目的について詳しく聞きました。

吉藤健太郎 オリィ研究所代表
吉藤健太郎 オリィ研究所代表
高校時代に電動車椅子の新機構の発明に関わり、2004年の高校生科学技術チャレンジ(JSEC)で文部科学大臣賞を受賞。翌2005年にアメリカで開催されたインテル国際学生科学技術フェア(ISEF)に日本代表として出場し、グランドアワード3位に。 高専で人工知能を学んだ後、早稲田大学創造理工学部へ進学。自身の不登校の体験をもとに、対孤独用分身コミュニケーションロボット「OriHime」を開発(この功績から2012年に「人間力大賞」を受賞)。 開発したロボットを多くの人に使ってもらうべく、オリィ研究所を設立。自身の体験から「ベッドの上にいながら、会いたい人と会い、社会に参加できる未来の実現」を理念に、開発を進めている。ロボットコミュニケーター。趣味は折り紙

2000万円の出資を目指して挑んだビジネスコンテスト

――この連載ではお金とキャリアにまつわるエピソードをお伺いしています。前編のオリィ研究所・吉藤健太朗 35歳まで貯蓄ゼロ計画継続中は会社設立までを伺いました。後編は会社を始めてからのことを伺います。設立後1年半は利益がなかったそうですが、その状況を変えたきっかけは何でしたか?

吉藤 2014年に、若手起業家を対象にしたビジネスコンテスト「みんなの夢AWARD」に出場しました。500ぐらいのエントリーがあるんですが、ファイナリスト7人に残ると日本武道館の壇上で1万人ぐらいの前でプレゼンができて、優勝すると2000万円を5年間、出資してもらえるんです。そこで、2足歩行のOriHimeを使って、1万人の前で、ALSの患者さんが目だけで操って歩き回らせるというデモをやったら、絶対に優勝できると確信したんです。

オリィ研究所代表 吉藤健太朗さん<お金ヒストリー>19歳 早稲田大学創造理工学部に入学/21歳 大学非公認研究所「オリィ研究所」を自宅に設立/23歳 早稲田大学のビジネスコンテストに応募し、優勝/23~24歳 ビジネスコンテストに出場しまくり、総額賞金500万円を獲得/24歳 会社を設立するものの、1年半ほぼ無給で過ごす/27歳 若手起業家を対象にしたビジネスコンテスに出場/ポケットマネーの60万円でロボット開発し、プレゼンしたところ見事優勝/30歳 貯蓄ゼロ計画を35歳までに延長/預金は100万円を超えないようにする/<吉藤健太朗さんの あのときの1万円>「会社の資金調達につながったロボット開発費60万円」
吉藤健太朗さんの あのときの1万円

「会社の資金調達につながったロボット開発費」

ポケットマネーだったので1万円も無駄にはできず
まずは1万円で買える材料を揃え、研究をスタートさせた
最終的には総額60万円かかった

――そのコンテストに出るために、準備の費用がかかりますよね。それはどう用意したんですか?

吉藤 ロボットの開発費を会社から出してほしいと副社長の結城(明姫)とCTOの椎葉(嘉文)に言ったら、「そのコンテストに出たところで、勝てる見込みは何パーセントあるの?」と断られたので、自分のお金を60万円使ったんです。そうしたら、私の預金額は4000円になりました(笑)。

――ロボットは、吉藤さんひとりで作ったんですか?

吉藤 インターンシップの学生ふたりに来てもらい、正月の間に作りました。結城と椎葉には内緒で申し込んだんですが、ファイナリストに残り、優勝することができたんです。2000万円を借りることができて、結城と椎葉にも給料を払えるようになり、オフィスも構えて、社員を雇えるようになりました。

――60万円を自分で出さなければ、その状態から脱出できなかったかもしれないですね。

吉藤 そうです。でも、もし60万円を会社から出していたら、変なプレッシャーを感じてしまっていいものが作れなかったかもしれないし、自分のお金を突っ込んだからこそ頑張れたのかもしれないです。人生で最大レベルに本気を出せました。それまでは形だけの会社でしたけど、2014年の4月から、ちゃんとスタートを切ることができましたね。借りた2000万円は5年経って返済しました。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります