お金よりも「得られる経験」を重視

――業績不振からのリストラや、小売業の世界最大手である米ウォルマートによる買収など、西友激動の時代でしたよね。業績賞与が満額でないというのは、残念ですよね。

若月 このときからお金というよりは、どんな経験を得られるかということを重視していたんだと思います。結局は転職することになりましたが、西友時代は給料があまり上がっていかず、賞与が十分に出なくても、ずっと辞めないつもりでしたから。

――お金には換えがたい経験をされていたということですね。

若月 経営企画室に長く在籍していたので、会社が大きく動く局面に携わらせてもらったということは、私にとって貴重な経験になりました。厳しい状況の中で、会長や社長といった立場の人たちが、どういう議論をして、どう判断をするのかを間近で見る機会に恵まれたことも大きな財産となりました。

西友時代は賞与が満額でたことがなかった。「それでも会社が大きく動く局面に携われたことは貴重な経験でした」
西友時代は賞与が満額でたことがなかった。「それでも会社が大きく動く局面に携われたことは貴重な経験でした」

――会社が厳しくなる中でもやりがいを見いだされていった若月さんですが、ストレスで体を壊されてしまった時期もあったようですね。

若月 社会人4年目に、海外法人担当に異動したんです。「英語ができないので無理です」と上司に言ったのですが「英語は気合だ」と言われて(笑)。

――それで仕事はこなすことができたのでしょうか。