日経doors

畠山愛理 厳しい自己管理経て40年ぶりのメダル獲得

畠山愛理さん

畠山愛理さん
1994年東京都生まれ。日本女子体育大学卒。6歳で新体操を始め、小学校6年生のときに全国大会で入賞。中学3年ときに受けたオーディションで合格して日本代表(フェアリージャパン)になる。ロンドン五輪7位入賞、リオデジャネイロ五輪では8位入賞。2015年の世界新体操選手権団体種目別のリボンで日本では40年ぶりとなる銅メダルを獲得。16年に引退し、スポーツコメンテーターやモデルなどの活動を行う。プライベートでは昨年、広島東洋カープの鈴木誠也選手と結婚した
閉じる