システムメンテナンスのお知らせ

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. オリンピアン 勝つ人のメンタル考
  4. 野口みずき 失業期間が競技人生のターニングポイント
オリンピアン 勝つ人のメンタル考

野口みずき 失業期間が競技人生のターニングポイント

逆境すら「ワクワクしながら楽しんだ」(上)

目標に向かってたゆまぬ努力をつづけたオリンピアン。日々の厳しい練習だけでなく、周囲からの大きすぎるプレッシャーにライバル選手の動きなど、超えなければならないハードルがたくさんあります。本連載では、そんな中彼らはどのようにして栄光の舞台で自分の力を発揮したのかを伺います。今回登場するのは、アテネ五輪・女子マラソン金メダリストの野口みずきさん。今も日本記録を保持するトップアスリートの知られざる失業時代とプロ意識の芽生え、自身がオリンピックを目指すきっかけとなったシドニー五輪金メダリストの高橋尚子さんについて伺いました。

上 失業期間が競技人生のターニングポイント ←今回はここ
下 五輪4大会を目指し、足が壊れるまで走り続けた

野口みずきさん
野口みずきさん
1978年生まれ、三重県伊勢市出身。アテネ五輪・女子マラソン金メダリスト。三重・宇治山田商業高校から実業団入り。ワコール、グローバリーを経て、シスメックスに所属。ハーフマラソンで頭角を現し、世界ハーフマラソン選手権では銀メダルを獲得するなど「ハーフの女王」として知られた。02年、フルマラソンに転向。マラソン初挑戦の名古屋国際女子マラソンで初優勝、03年の世界選手権では銀メダル、04年のアテネ五輪では金メダルを獲得。05年のベルリンマラソンで2時間19分12秒の日本新記録を樹立。08年の北京五輪では直前の故障で欠場。16年、名古屋ウィメンズマラソンを最後に引退。現在は、20年近く指導を受けた広瀬永和氏が監督に就任した岩谷産業陸上部でアドバイザーを務める。

実業団入りしたときは同期の中で下から2番目

日経doors編集部(以下、――) 野口さんは2004年アテネ五輪の女子マラソン金メダリストであり、05年にベルリンマラソンで打ち立てた2時間19分12秒の日本記録もいまだ破られていません。国内での最高記録も2020年3月に一山麻緒選手が更新するまで、17年間、野口さんが1位でした。トップアスリートの中でも群を抜く実績ですが、実業団入りしたときは注目される選手ではなかったとか。

野口みずきさん(以下、野口) そうです。高校卒業後にワコールの実業団に入ったときは、実力でいえば同期の中で下から2番目。入社のときに周りは「オリンピックに出たい」「日本代表選手になる」と挨拶していましたが、日本代表選手なんてとても言えない。だから私は「足が壊れるまで走りたい」と宣言しました。当時の私の実力からして保証できるものはそれしかなかったし、それに、日本代表が夢なら代表になった時点で夢が達成したことになる。足が壊れるまで覚悟を持って走ろう――。これが私の選手生活の原点です。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります