日経doors

上村愛子 20年に渡る五輪チャレンジを支えたノート

上村愛子さん

上村愛子さん
元女子モーグル日本代表。1979年兵庫県生まれ。3歳でスキーを始め、中学2年の時にアルペンスキーからモーグルに転向。白馬高校を経て北野建設に入社。98年、18歳で長野五輪に出場して7位入賞。2002年ソルトレークシティー五輪で6位、2006年トリノ五輪では5位、2010年バンクーバー五輪4位、2014年ソチ五輪4位。2007-2008年シーズンのワールドカップで初の種目別年間優勝を果たし、2009年世界選手権を制覇。2014年に引退 。2009年に五輪アルペン代表の皆川賢太郎氏と結婚。
閉じる