忙しくても健康的な生活を送りたい――。誰しもがそんな思いを抱くはず。そこで今回はカラダのプロ、女医さん11人の本音のウェルネススキルを聞きました。時間をかけずに効率的に健康を維持する方法を、余すことなく教えてもらいました。

女医11人が実践!ウェルネススキル

日々忙しく暮らしていると、夜更かしに運動不足、ストレス食いをしてしまうことも。健康は気になるものの、ついおろそかになってしまいがち。本特集では女医11人が実践しているウェルネススキルを紹介します。まずは、本題に入る前に日経doors読者の皆さんが、日常生活の中でどのような「体の悩み」を持ち、健康のためにどんな工夫をしているのかを知るために聞いた読者アンケートの回答を紹介します!

50%の読者が「定期的に体を動かす」

 日経doorsでは読者を対象に2019年12月26日~2020年1月29日までアンケートを実施。読者150人(平均年齢37.9歳)の皆さんの体の悩み、健康習慣について聞いてみました。特集1回目では「働く女性の体の悩みトップ30発表! 2位はシミ、1位は?」を、2回目の「読者が気になる健康テーマは? 2位は体力、1位は?」では読者が関心を寄せる健康テーマについて紹介しました。

 今回は運動習慣、健康投資について聞いてみました。すると読者の51.3%もが定期的な運動を実施していると回答。しかも頻度は週2回程度が最も多く、運動をする習慣が身についている読者が多いようです。では具体的にどんな運動を行っているのでしょうか。

読者の2割が週2回、体を動かしている。日経doorsでは読者を対象に2019年12月26日~2020年1月29日までアンケートを実施。150人(平均年齢37.9歳)が回答
読者の2割が週2回、体を動かしている。日経doorsでは読者を対象に2019年12月26日~2020年1月29日までアンケートを実施。150人(平均年齢37.9歳)が回答