「結婚できちゃうコーデ」、「最強モテ服」――。ファッション誌で見慣れたスタイルは、お仕事服として満足できる? 日経doorsは「+2歳見え」して誰からも信頼される仕事コーデを提案します。仕事服革命で「デキる私」に着替えよう!

仕事服革命で「デキる私」に着替えよう

インスタグラムやコーディネート専用アプリ「WEAR」で大人気のsayaさん。テーパードパンツやタイトスカートできちんと感がありつつも、小物や差し色の使い方が上手なコーディネートはフォロワーからの支持も厚く高評価。今回は、sayaさんに小物選びや差し色使いのコツを聞きました。

コンプレックスを克服する「大人服」が定番

 普段は弁護士として働くsayaさんは、「テーパードパンツやタイトスカートがお仕事コーデの定番」だそうです。

 「実は、顔が幼く見られがちで、弁護士に見られないことが何度かあったんです……。職業柄、『この人に任せたい』とお客さんに思ってもらえるよう、洋服を味方にして『大人見え』するコーディネートを心掛けています」

 仕事内容によって、20代から50代の社長さんまで、接する相手は年齢も性別もさまざま。露出が多い服や透け感がある洋服、大きな花柄などは避け、「どの年代の人と会っても恥ずかしくない、清潔感のある服装を意識しています」とsayaさん。

きちんと感がありつつおしゃれなコーディネートが人気のsayaさん。小物使いや差し色は、どのように決めているのでしょうか? (写真はsayaさんのインスタグラムアカウント)

 では、sayaさんはどのようにコーディネートを決めているのでしょうか? 次ページから、「差し色&小物テク」をご紹介します!